小説『僕らのネクロマンシー』のリリースノート

カテゴリ:
本日、2018年2月28日。新作小説『僕らのネクロマンシー』がついに一般発売開始となります。商品説明については、版元のNUMABOOKSの特設サイトからご覧いただけますので、著者の私からはリリースにあたっての簡単なメモを残しておこうと思います(急いで買われたい方はこちらから)。


*   *   *

会社で共に働くメンバーが、「パッションがあるとはどういう状態か?」について語ってくれたことがありました。彼曰く、

「その行為ができないでいるのが苦しい」
「そのクオリティに至れないのが苦しい」
「だからそれを常に解消しようとする」
「そしてそれが解消されているとき、その人はあるアウラを発している」
「まわりの人はそれをパッションと呼ぶ」

とのこと。

翻って自分の話。
5年前に初めて小説を発表して以降しばらくの間、苦しい時期が続きました。小説を書き進められないことや、なんとか書き進めたものが満足いかないものだったりすることがとても苦しかった。苦しいならやめればよさそうなものですが、やめるともっと苦しい。だからしつこく書き続けて、やっと満足のいく新作を書き上げることができました。これを書いている間はずっと幸せだったし、書き上げてなお、その幸せな感じがまだ続いています。小説の話をするときに僕の背後にアウラのような見えたとしたら、それがパッションです。どうぞお手にとってご覧ください。

さてその小説ですが、著者としては、内容についてうまく語れません。ツイッターやブログには書けないからこそ小説というフォーマットを選んでいるので、それを自ら要約することができません。書くとしたらそれはあまりに長くなってしまうし、そもそもが、読み手が好きなように読めばよいと思うので余計なことを言いたくもありません。

なのでここでは、小説の「容れ物」について紹介します。


*   *   *

最初の容れ物はiPhoneのメモ帳。
この中でというか上でというか、およそ10万文字の初稿を書きました。




それをWord → Google Docs → InDesignと乗り換えながら、紙に出力して改稿を重ねていきました。その途中で、優れた編集者、優れた校正校閲に出会えまして、初稿から数えて最終的に十稿までやり一旦の完成としました。



そして版元であるNUMABOOKSの内沼さん松井さん、デザインを担当してくださった藤田裕美さんのクレイジーなアイデアによって出来上がったのがこの本です。

表紙にも背表紙にも裏表紙にも一切文字がありません。
写真はエレナ・トゥタッチコワさんが遠野の猿ヶ石川のあたり撮影したもので、まずこれが小説であるかどうかというよりも、本であることさえ一瞬わからないような、写真作品のような外観をしています。

IMG_10132


近寄ってみると、表紙は3ミリのアクリルです。
こんな感じ。

IMG_10153


手に取ると、小説としては珍しい大きな判型、大胆に余白をとった変わったレイアウトにお気づきになると思います。

IMG_10140_2


これは、柳田國男の『遠野物語』の初版へのオマージュを表したものです。
まず判型をあわせました。

IMG_10162_s


そして、余白をとったレイアウト、ノンブルの位置、本文より上にある脚注など、特徴的な部分もあわせました。逆に、拙作の方は本文が横組みになっているなどの違いも。

IMG_10169_s


ちょっと斜めから眺めてみましょう。
ちなみに『遠野物語』は初版の実物ではなく復刻版です。

IMG_10149_s


本を開いてもう一度。
ページがべたっと開き、読みやすいようになっています。

IMG_10142


パタンと閉じるとこう。
紙の厚みと重みがすごいので、開くときと閉じるときに、物理的な快感さえあります。

IMG_10151


最初は私のなかにしかなかったエネルギーが、小説作品というかたちで世にあらわれて、それがクラウド上のデジタルデータから、最終的には本というフィジカルな物体になりました。なんという降霊術。

というわけで、初版限定350冊しか作らない(作れない)特別な本となりました。
ぜひお楽しみください。

特設サイト:僕らのネクロマンシー(試し読みできます)
販売サイト:NUMABOOKS出版部



その後いただいた感想








夢の仕事について語るときに僕らの語ること

カテゴリ:
お盆に帰省した際、近所の山をトレイルランしつつ目的地の神社を詣でておったところ、クマに遭遇しまして。向こうさんもびっくりしてすぐ藪の中に逃げたんですが、こっちもこっちで驚いて、お賽銭もあげぬまま苔だらけの踏み石を蹴り、飛び、転げるように下山しました。熊鈴もつけぬまま山に分け入って襲われた愚か者として名前を残すのは嫌だなとか、そういう体面を考える余裕はなかったんですが、「ここで死んでたまるか」とは思ったような気がします。

明日、2017年9月1日を最終出社日とし、本年10月末、LINE株式会社を退職いたします。

2005年からの5年間を株式会社ライブドアで、2010年からの7年間をLINE株式会社(買収当時NHN Japan株式会社)で、都合12年もの間、みなさまに大変お世話になってきました。この場を借りてご報告と、お礼を述べさせてください。本当にありがとうございました。

これはいわゆる退職エントリーというやつです。

これを書く心境になるまでに、いろんな感情を渡り歩きました。新たな目標を定めたときの奮い立つ気持ち、恋人に別れを告げるときのような不義理を詫びる気持ち、卒業生を代表して挨拶を読むときような清々しくも寂しい気持ち。いま振り返れば、どのタイミングで書いても、肩に力の入り過ぎたものになっていたように思います。力が入るのはもちろん悪いことじゃないけれど、それは、その言葉を伝えるべき人に面と向かって伝えればいいことで、ブログを使ってパフォーマンスすることじゃないよなと思います。だからここでは、肩の力を抜いて、いま心に浮かんだことだけを書いて、そのまま終わります。

退職の意思を伝えたあと、みな僕に「どうして?」とたずねました。僕はなるべく正直に答えようとしましたが、それはキャッチボールのようなもので、相手の反応によって投げるボールが違いました。みなで寄り集まって答え合わせをしたらまったく違う内容になると思いますが、それらの答えのどれもこれも、僕が投げられるだけの正直なボールです。そうご理解ください。

そういう態度で臨むと、相手も僕に正直なボールを投げ返してくれるんですね。長く付き合ってきても、これまで知ることのなかった正直な話。それは夢の仕事についての語りです。今の自分が決して偽りではないけれど本当に思っていることはこうなんだ、と。これはネガティブな話ではなくてです。現実逃避や、ワークライフバランスというお題目の悪い側面ではなく、夢と現実を融合させて人生を歩もうとする力強い言葉として、語ってくれるんです。僕は図らずして、そうした言葉を寄せ付ける媒介に(いまのところ)なったというわけで、その立場を楽しんでいます。

それについて、在職中にもっと胸襟を開いて語り合えたのではと思わないこともありませんが、まあ、望むべくもないことでしょう。そんなことばかりを語り合ってもいられないし、職業上の信頼関係があったからこそいまになって語ってくれることでもあることを思えば、ときたまこうした機会があるだけで十分であり、そうした正直な言葉は一度でも聞けば生涯に渡って忘れることはありません。

ソーシャルネットワークでつながりの途切れない時代とはいえ、退職というのは、どんなに取り繕ったって一緒に過ごす時間が激減することを意味するわけで、これからはどうしたって疎遠にならざるを得ません。そうした寂しい気持ちに支配され、退職エントリーなんて書く気になれないこともありました。
でもいまは違います。僕は正直に夢を語った。相手も正直に夢を語ってくれた。そういうプロセスを経たいま、つながりはかえって強まったという気がしてます。会う回数や交わす言葉は確かに減るだろうけど、そのつながりはいつでも、艱難辛苦をともにした日々を思い出させてくれるし、語り合った夢がこれからの毎日を潤してくれるだろうと思います。

いま僕が言う「夢」というのは、スティーブ・ジョブズやイーロン・マスクが語るようなビジョンではありません。もっとケチな話で、それは、難破した船から夜の海に放り出されるときに、肉体と精神の生存のためにぎりぎりの決断をして、これしか持ち運べなかった、というようなものです。海に浮かぶための板切れ、首からぶら下げる家族写真の入ったペンダント、信仰心を示す聖書、そしてもし手近にあれば残酷な太陽から逃れるための麦わら帽。それくらい。売っても利益にならないし、地上で屋根の下にいる他の誰も欲しがらないもの。けれど、衣服やお金をすべて捨てでも、それだけは持ち出さざるを得なかったもの。それが僕の(そして僕に正直に語ってくれた人々の)夢です。僕にはこれしかなかったんだ。僕にはこれだけあれば十分なんだ。そう思えるものだけ持って、再出発します。

というのはちょっとキザすぎる言い方で、年齢なりに身につけたずる賢さやクレバーさも使ってサヴァイヴしたいと思います。そうじゃなければ「こいつ大丈夫か?」と思われるはずなので、そこも正直に書いておきます。

ライブドアとLINEでは、まさに夢の仕事が実現できました。こんなに幸福なことはありません。幸せな時間を長く過ごしてこられました。それはもちろん、組織がもつカルチャーや、メンバーが示す深い理解があってのことで、それはいまも変わりません。素晴らしい環境でした。変わったのは自分のほうで、それはポジティブに成熟や成長だと受け止めていますが、それにあわせた次の挑戦や飛躍をしたいと思うようになりました。そしてそれさえも(私の身勝手な想いさえも)、笑顔で励まして送り出してくれるみなさんに、ただただ感謝しています。本当に、仲間に恵まれた、素晴らしい環境でした。

最後に。

ブログというのは、予言を達成する自己実現ツールだと思うので、恥ずかしげもなく(むしろ恥ずかしがっちゃいけない)夢についてのキーワードを書き記しておきます。

・板切れ = インターネット
・ペンダント = 遠野
・聖書 = 小説
・麦わら帽 = マジック・ザ・ギャザリング

この夢は、他の誰でもなく(ましてクマなんかではなく)僕が食うんだ。そういうつもりで、次の12年間を方向づけるステートメントとして正直に書きました。口は災いの元じゃないよ。幸せの元です。

次のことは、近々お伝えできるタイミングになったときにあらためてご連絡します。
多くのことを言えなくてごめんなさい。

以上。
これが今生の別れではないので、挨拶はあえてぶっきらぼうに言わせてください。
じゃあまた明日。

関連リンク


mm198_chart
夢の仕事を掴むため / Mark Rosewater

108冊目 「わたしの器 あなたの器」 高橋みどり

カテゴリ:
ひさしぶりの更新。

去年の後半でしたか。本を一冊も読まなかった月というのがあったんです。どんな時でも、時間がないだなんてことはないわけで、つまりは読む気にならなかったというただそれだけのことなんだけども、自分にとっては貴重な体験ではありました。
本なんて、読まなきゃ読まないでいいし、それは音楽も映画も一緒。離着陸を考えない紙ヒコーキには車輪がないし、納豆のタレにはキャップがいらない。純粋な目的と、純粋に一体化して、あとは何も考えない。ひとつの幸せです。もし自分が使い捨ての道具ならば、だけど。

そうした時期にも終わりがあって、再び本を読みはじめたんだけど、ここのところは、すぐ紹介するのがはばらかれるタイプの本ばかり読んでます。実用書、ビジネス書、研究書。
うぶな分野の本に出会うと、まるでそれが世界の真実みたいに思えて興奮するんだけど、数年経って読み返すとロクなことがない。時の試練をくぐり抜ける本と出会うのも大変だし、まず真っ先に、自分自信がその試練に耐えられない。時勢に応じてまとう衣を変える哲学的カメレオンは、生存本能として肯定されたとしても、顧みるに醜い。

もちろんそんなことを言い出したら何も書けないわけで、何について書くのなら間違いを許せるか、その線引きしかない。それは自分にとって、文学であり音楽でありアートであり、いまは料理ということになります。時が経てば、あいかわらず自分はそのときどきの感性を裏切り続けるわけだけど、実用書やビジネス書や研究書のように、対象が裏切ることはない。

というわけで108冊目。『わたしの器 あなたの器』です。

107冊目 「どうするジョージ!」 クリス・ホートン

カテゴリ:
飛行機の出発時間が遅れてふいに時間ができたのでひさしぶりに更新。

今回は、82冊目で紹介した『ちょっとだけまいご』(http://sasakill.blog.jp/archives/50878847.html)と同じ作家の絵本。これがまたおもしろい。

とにかく絵がいいからなのか、1歳ちょっとになる息子は本棚から毎日この本を勝手に取り出してペラペラめくって見ている。

お話の筋もいい。繰り返しのパターンと、続きを喚起させるユニークな終わり方。何度読み聞かせても飽きない。

クリス ホートン
2014-12

104-106冊目 「一私小説的の日乗」 西村賢太

カテゴリ:
ひさびさの更新。あいかわらず読書のペースは変わらないものの、何も紹介する気になれない日が続いていたので。

2週間ほど前に、本棚からあふれた本を処分しようと手に取ったのが西村賢太の『一私小説書きの日乗』。私小説ではなく、こちらは本人による日記。売る前にと思ってパラパラ読んだらこれがえらくおもしろい。初読のときはそれほど感じ入らなかったのに。

だもんで、処分も撤回し、現在出ている限りの続編2冊も取り寄せて一気読みした。


毎日2時間のサウナ、人の悪口、大汗をかきながらのラーメンと、這いつくばっての原稿書き、そして晩酌に宝焼酎一本と、オリジン弁当その他で購めるジャンクなお菜。根がエチケット尊重主義でスタイリストにできている著者の、細かいところにはうるさいわりに鯨飲馬食する怠惰な生活を一向に顧みない様が最高におもしろく、ダークヒーローとしてこれ以上のストレス解消はない。ただの日記がこれほどおもしろいなんて、ちょっと他にない。

ヒーローの条件は、自分が生きられなかった人生を生きている、というところにある。北町貫太ならぬ西村賢太は、そのヒーローを地でいっていて、一種、蠱惑的な魅力さえある 

こんな、味方によってはつまらない本を(もちろん自分はそう思ってないけど)いちいちハードカバーの美しい想定で出してくれる出版社にも、なんだか感謝したくなった。

103冊目 「小林カツ代と栗原はるみ 料理研究家とその時代 」 阿古真理

カテゴリ:
サトウタクシBLOGからの推薦書。
http://takushi.blog.jp/archives/52030725.html

これはおもしろい! 最近の新書ではお目にかかれないような密度で書かれた料理研究家史にして、近代の女性史。

image


妻の出産をきっかけに、もともと好きだった家庭料理に以前より真面目に取り組むようになったその結果、我が家の味みたいなのが、少しずつできてきた。無理なく続けられる習慣と、味の好みによって、繰り返し登場する定番料理が決まってくる。

このページのトップヘ

見出し画像
×