2016年、活躍した食器 - 奥田知樹/井口工房/セラドン焼き/小代焼/遠藤太郎/額賀章夫

カテゴリ:
今年はたくさん食器を買いました。
買ったものはその日のうちにInstagram( @sasakill )に載せているんですが、食器はやはり使ってなんぼ。見た目がよくても、使われなかったら良い買い物とはいえません。
そこで、一年を振り返って、本当に活躍した食器をまとめてみたいと思います。窯や作家の名前もちゃんと記載しますので、ご興味ある方は検索してみてください。


1. 奥田知樹(笠間)の豆皿



豆皿より大きく、銘々皿より小さい、絶妙なサイズ。
私より妻のほうがこれを気に入って常用していました。
ひとつ割れちゃったのが残念なので、また笠間に買いに行きたいなと思っています。


2. 実家の押入れから出てきた景品の銘々皿



左下に写っている、朱色の縁の銘々皿。
高台のところには、実家のある町の(しかしもうつぶれた)商店の名前が書いてあって、おそらく景品だか御礼だかでもらったやつなんだと思います。大したことのないお皿なんですが、雑に扱える気安さもあって、何度も繰り返し使いました。


3. 井口工房(やちむん)のお茶碗



少し平べったいお茶碗なんですが、白山陶器の平茶碗を超えた! と思いました。
このひとつしか買ってこなかったのを非常に後悔しました。
逸品です。


4. セラドン焼き(タイ)の銘々皿



西荻窪の食器屋さんのワゴンセールで安売りされていた銘々皿。
何気なく買ったんですが、見た目もよく丈夫で非常に使いやすく、あらゆる料理に活躍しています。
4枚セットで買ったんですが、これなら5枚あっても10枚あってもよさそう。


5. すり鉢になった片口



右上に写っているもの。西荻窪の廬山で買った古い時代のものです。
緑の野菜のおひたしなんかを盛ったらいいだろうなと思って買ったものですが、予想以上にいろんな料理に活躍してくれました。深さの黒い片口は持っておくといいですね。


6. 小代焼(熊本)の鉢



熊本の小代焼で、この絶妙な色合いが気に入って買いました。
肉料理からフルーツからまで、どんな料理にも合わせられます。
これは小さな鉢なんですが、機会があればもっと他の形も買い求めたいと思います。


7. 遠藤太郎(益子)の馬の目皿



伝統的な「馬の目皿」なんですが、クリーム色の地と藍色の絵付けが洋風料理によくあう感じで、我が家ではトーストなどをよく乗せます。マグカップなんかもとってもカワイイ作家さんで、今後も新作が出たら継続的にチェックしたいなと思っている作家さんです。


8. 額賀章夫のマグカップ



どちらも額賀章夫さんの作品ですが、特にヘビロテだったのが右に写ったマグカップ。
見た目はもちろんですが、使ってみると本当に素晴らしい。
妻には、有名な作家さんだというのを特に伝えずにいたんですが、何度か使っただけで「すごい!」と大絶賛していました。一度使うと、マグカップに求める品質のレベルが一段も二段もあがってしまうような逸品です。

以上です。

2016年、買ってよかったもの - 主夫目線

カテゴリ:
年末になるとブロガーみながやりだす「買ってよかったもの」。一年を振り返るいいきっかけになりますよね。というわけで私は、家事に役立つお買い物ということで主夫目線でBEST 5を選んでみました。

1. キッチンクロス



36枚で1,920円。1枚あたり52円。この安さ、そして枚数の多さがいいんです。

シンクの水滴、吹きこぼしや油はね、子どもがこぼした食べかすや食後のテーブルの清掃、水切りした後の食器の水分の拭き取りなどなど、キッチンクロスは何枚あっても困りません。1日に少なくとも4枚〜5枚使うのは当たり前で、洗濯・乾燥中のものを考えると常時10枚強がローテーションしています。
だから、無印良品あたりで5枚いくらのものだと全然足りないし、割高。だったら最初にまとめて買ってしまって、常に清潔なクロスをどんどん使ったほうがいい。という意味で非常におすすめす。買ってよかった。


2. タオルホルダー



写真だとわかりづらいですが、これは5.5センチ四方のサイズのタオルホルダーです。シンクの下の扉などに貼り付けておいて、タオルやキッチンクロスの隅をぐいっとねじ込んで固定しぶらさげておくのに使います。

我が家ではこれは4つ横に並べて、手を拭くタオル、シンクやコンロまわりを拭くクロス、床などを拭くクロス、洗ったあとの食器などを拭くクロス、などを突っ込んでいます。1個750円というのは安くはないけれども、なにより楽ちんだし、料理するための作業スペースは邪魔しないし、本当に買ってよかった。素晴らしい商品です。


3. マグネットフック



冷蔵庫なんかに貼り付けておくマグネットです。メモを固定したり、ちょっとした鍵なんかを掛けておいたりします。

そんなのは何を使ったって一緒だとお思いかもしれませんが、気がつくと、水廻り工事の広告のマグネットだとか、銀行でもらってきちゃったやつだとか、アンパンマンやトーマスのなんかだとか、そんなものに占領されてカオスになっていたりしませんか? それに、強力なマグネットってのはいいものです。使ってみればわかります。
5個で1,000円もしちゃいますが、これをいますぐ買って、冷蔵庫にへばりついてる不統一でへなちゃこなマグネットをすべて捨ててみてください。こんなマグネットフックにも哲学があるんだということにすぐ気づきます。おすすめ!


4. タダフサのペティナイフ



定評のあるタダフサの包丁。その最初の一本として、ペティナイフを購入。お値段9,800円。

よく切れて、手に馴染み、扱いやすいナイフ。
これを手にしたことで、料理に対する悩みが半分くらい解決しました。
千切りが苦手だったのも、トマトの断面からぐじゅぐじゅした中身が飛び出ちゃうのも、カボチャを切るときに力が入りすぎて怖かったのも、すべて解決。なぜもっと早く品質の良い包丁に鞍替えしなかったのかと、無駄に悩んだ時間を後悔しています。

包丁といえば、グローバルや有次も有名ですが、そちらはまだ扱ったことがありません。なので比較はできませんが、デザインだけでいえばタダフサが好み。そして、使っていてなんの不満もなく、喜びしかありません。買ってよかった!


5. ストウブのピコ・ココット ラウンド



フランス生まれの鋳物の鍋です。お値段22,000円。

鋳物の鍋といえばル・クルーゼかストウブ。というような定番の品ですが、その前までに何年もル・クルーゼを使ってきた者としては「そんなに違いがあるものかね」との疑いの思いもありました。が、使ってみると違うもんですね。確かに違う。気になる方はどうぞAmazonのレビュー欄を見に行って、ル・クルーゼ=ストウブ批評をご覧になってください。ル・クルーゼで十分かなと思っていた人も、きっと欲しくなるはずです。

ちなみに私はすでにストウブ派で、次にもうひとつ買うとすればやっぱりストウブに手を出すと思います。いやそのまえにWESTSIDE33の銅のお鍋かなー。とかなんとか、買い物の楽しみは続きます。来年もこんな感じの主夫目線でまとめてみよう。

では1年後に。

LINE LIVEで会える(逢える)お薦め21人のリンク集

カテゴリ:
(LINE LIVEの事例。有名人の場合)

たくさんメールを交わしていると、ひさしぶりに会ってもそんな感じがしない。
そんなことってありますよね。

そういう関係の人とは「ひさしぶりー。最近どう」からはじまる会話じゃなくて、「あのときどうだった? 実はこうでさ」という近況の続きから会話がはじまる。で、「そういえば実際に会うのって1年ぶりだよね」みたいになる。

メールやチャットやSNSやメッセンジャーは、そんな風に人をつなげてしまう道具としてあって、これからも選択肢は増えていくと思いますが、いま自分のなかでホットなのは、なんといってもライブ動画です。

私がいまLINE LIVEというサービスをやっているからどうしてもそう思えてしまうところはありますが(つまりポジショントークだと十分にわかってはいますが)、それでも、いちユーザーとして興奮しているのは本当で、そのおもしろさをなんとか伝えたいと思って書きます。

* * *


(LIVE LIVE事例のイメージ。トップ常連の人気配信者)

動画を配信している人はたくさんいて、これまでにも何度となくそうしたものを見て楽しんできましたが、よいLINE LIVE(以下、LIVE)を見たあとは、それらともちょっと違った手触りが残るんですよね。気に入ったLIVEを翌日になって思い出すとき、「そういえば昨日、あの人に会ったな」って気がするんですよ。見た、じゃなくて、会ったという感じがする。ふとそういうことに気づきました。

もちろん、物理的に会えてるわけじゃないんだけど、LIVEを通じて親密な時間を一緒に過ごすと「会った」のと同じような体験として記憶されるんです。それが特に素晴らしい体験だった場合などは、会ったではなく「逢った」とでも書きたいような気持ちになります。

何を大袈裟なと思うかもしれませんが、それは「頻繁にLINEしてたから1年ぶりに会うのにそんな感じがしない」という気持ちが発生するのと同じような理由で、サービスを通じて会えているんですよね。実際のところ。

そのLIVEがどんなものか。以下に個人的な体験を3つ紹介します。

1. 子どもを寝かしつけたママとの逢瀬



(LIVEの事例。この段落の内容とは関係ありません)

時間は、昼間の3時か4時。会議の合間のちょっとした時間にスマホを手にとったら、子どもを寝かしつけたばかりだというママが、寝室からLIVEをはじめました。

横には子どもが寝ており、大きな声は出せない。もう間もなくすると、上の子を保育園にお迎えに行った夫が帰ってくる。育児の間にちょっとした息抜きをしたいんだけど、中途半端な時間だから友達を自分都合のおしゃべりに引きづり込むのも気が引けて、ちょっとの時間に遊べるものを探していた。LIVEを見ていると、そんな状況がわかってきました。

私も小さい子を持つ親として、子どものお昼寝中にだけ訪れる束の間の休息のありがたさや、解放された気持ち(でも子どもが起きたらまたすぐ育児に戻らなければならない緊張した気持ち)はよくわかるので、共感しながらコメントし、そこに会話が発生しました。

寝室というプライベートな空間、お互いが手に握りしめたスマホをはさんだ親密な距離感、隙間時間が重なった偶然、そして育児という共通の話題。初めて「会った」知らない人のはずなのに、短い時間でお互いが小さくない励ましを得て、そのときのLIVEは終わりました。

これを逢瀬と言うのは大袈裟かもしれませんが、夫が帰ってくる気配がしたときに感じたざわついた気持ちは、つまりあれのそれでした。それはそのとき一回限りのことでしたが、会ったという手触りはいまも強く残っています。ちなみにその配信者が誰かは教えられません。あしからず。

2. イジメ被害者のグループカウンセリング


こちらの場合も、配信者が誰かは教えられません。教えられない理由は、内容がイジメに関係するものだからなのですが、「ブログに書かれることでイジメが過激化してしまうことのないように」という心配よりも、「そのときのLIVEのタイミングだからこそ打ち明けてくれた秘密を他の人に明かすわけにいかない」、という気持ちのほうが強いです。

何気ない会話ではじまったLIVEは、視聴者の応援を得てだんだんと打ち解けた雰囲気になり、これまで両親にも教師にも友達にも打ち明けたことない悩みの告白になりました。最初のうちは涙目程度だったのが、自分の本当の気持ちを話しはじめてみると、堰を切ったように感情が溢れ出てきて、涙と洟が止まらない。

誰かが自分の目の前で(実際に目の前に居るわけじゃないのに、本当にそう感じられる)こんな風に感情を爆発させて嗚咽することなんて、自分の人生の中でもそう何度もあることじゃないので、動揺したというか、どうしようもなく胸を締めつけられるような思いがして、握りしめたスマホから目を離すことができませんでした。

これを見た人みんながきっと同じ気持ちになったんでしょう。視聴者があたたかいコメントで励ましてくれたことで、LIVEはポジティブな雰囲気を取り戻して終わり、その人はその後も継続的に配信しています。

これをカウンセリングと言うのは大袈裟だけど、LIVEによって生まれた傾聴と受容の機会が、物事をちょっとでも良い方向に変えられた気がして、いち視聴者として印象的な内容だったのはもちろん、サービス提供者の立場としても「こんなことまで実現できるサービスだったんだ!」という嬉しい驚きに打たれたLIVEでした。

3. 高校生たちとのお弁当休憩、そしてタイムスリップ



こちらは紹介できるやつ。お昼休みの学校の教室。高校生ふたりがお弁当を食べているときにはじまったLIVEです。

私からすると、20歳くらい年が離れている今時の高校生の様子自体が興味深くて、最初のうちは観察するような目で見ていました。ところがふたりの絶妙な掛け合いにどんどん引き込まれるうちに、自分もすっかり高校生に戻ったような気分になっていったんですね。お弁当を食べ終えベランダに移動する頃になると、自分もそこにいるような、ノスタルジーのようなデジャヴのような、言いようのない気持ちになったんです。

これをタイムスリップと言うのは間違いなく大袈裟だけど、そのときの風や温度や湿度が、スマホの画面を通じてこちらまで届くような、そんな感じがしました。比べるものじゃないことを承知であえて言えば、『君の名は。』を見終わったときよりもこのLIVEのほうが、人に熱く語れる自信があります。なぜならそれが、自分事の体験だからです。

* * *

これらLIVEの事例を通じて思ったのは、「VRヘッドセットがなくたって、現実と感じられるじゃないか」ということでした。データがプアでも、情報として足りない部分は記憶や想像力が補ってくれるので、脳はそれを体験したと錯覚し得る、というわけです。

つまりライブ動画の価値の本質は、それが視聴者にとってのリアルな体験になる、ということなんだろうと思っています。「見た」という受容の体験ではなく、「会った」に近しい自分事の体験です。

コミュニケーションとしてのライブ動画



(LINE LIVEの事例。ネット世代の新星セレブも利用)

端末の性能と回線の速度があがったおかげで、現在は動画サービスの花盛りです(これからもっともっと盛り上がるでしょう)。それらは「動画元年」といったワードで何かと一括りに語られますが、思うに、動画サービスには2種類あります。

ひとつは、映画やドラマのように、完成されたコンテンツを受容するための動画サービス。映画館やテレビやDVDの延長としてのGYAO!/Netflix/Hulu/Tver/AbemaTV等です。
もうひとつは、手紙や電話の延長にあるもので、誰かとのコミュニケーションの手段として動画を採用しているサービス。ニコ生/ツイキャス/Showroom/Facebook Live/LINE LIVE等です。

これらのサービスやコンテンツを見ていくと、現時点では共通点の方が多く挙げられるかもしれませんが、わずかにある相違点が本質的なところで大きな違いを生み出しているように思えます。
たとえばLINE LIVEの場合、配信時間に関してよくこんな質問を受けます。

「LINE LIVEではどれくらいの配信時間が最適ですか?」

それが映画やドラマなら1時間〜2時間でしょうし、流行りの分散型動画なら数十秒から1分程度ということになるでしょう。また、動画を離れて隙間時間の潰し方で考えると、ゲームの1クエストも、無料マンガの1話も、だいたいが数分から10分以内の単位でコンテンツが考えられています。

では、コミュニケーションを重視するライブ動画の場合は何が比較材料になるのか。

私の考えでは、道でばったり知人と会ったときの数分間の立ち話、あるいは、お昼休憩に誘いあって出かける3〜40分のランチ、あるいは打ち上げの二次会で親しいもの同士が集まって終電まで粘ってしまうときの1時間ちょっと。そんな感覚に近いんじゃないかなと思います。幅はかなりありますが、どんな内容で、どの時間帯に配信するのかを考えると、最適な配信時間の基準になるんじゃないかと思います。

これは一例ですが、基準をコミュニケーションの側に置いているというのが、自らを動画コミュニケーションプラットフォームと定義付けている「いまの」LINE LIVEの考え方です。

ラジオの歴史から考えるライブ動画



(LINE LIVEの事例。アーティストも縦型対応)

ここで「いまの」とあえて強調したのは、ライブ動画にもその時その時のフェーズがあるだろうと思っているからです。メディアの歴史を振り返ってみると、ラジオが非常的です。

まるで自分が見てきたことのように語るのを許して欲しいんですが、ラジオの技術は、もともとはユーザーによるコミュニケーションの道具として活性化していったものです。現代でも愛好者が多いアマチュア無線なんかですね。

それが進化していく過程で、ラジオ放送局というマスメディアが登場します。そこで最初に大衆的な成功につながったのは、発明家のリー・ド・フォレストが夢見たクラシックコンサートの中継ではなく、ジャズだったそうです。聴覚にだけ訴えるラジオのメディア特性が、肌の色を問うことなしに優れた音楽を世界に解き放つのに一役買った。そしてそれが、コンテンポラリーミュジックの世界を決定的に変えてしまった。

こういうエピソードを聞いて、初音ミクやYouTuberや生主のことを思い出さないサービス運営者はいないと思います。ユーザーのコミュニケーションから始まったサービスが、やがて世界を席巻するカルチャーを生んでいく。その可能性に本当にワクワクするし、励まされます。

というわけで、先ほど「いまの」と限定したのは、ライブ動画自体がまだ、ラジオでいえばアマチュア無線の段階にあると思うからです。それが広まっていった未来には、思わぬものが登場して、マスメディア的なものだとか映画・ドラマ的なものだとか、受容を重視するものを目指していくフェーズがあるのかもしれません。

* * *

とはいえいまは、コミュニケーションとしてのライブ動画にこだわっています。戦略以前の純粋な気持ちとして、何よりそれが楽しいからです。

サービスを運営をしていて楽しいのは、メンバーの誰かが「こんな素晴らしいLIVEがあったんですよ」と教えてくれる瞬間です。そのときの語り口には、良い映画を見ましたとか、良いドラマを見ました、というのともまた違った自分事の体験ならではの熱量が感じられるんですよね。
それが映画であれば、『シン・ゴジラ』のような作品は年にひとつあればいいほうですが、素敵な人に出会う体験は、それこそ人の数だけ存在し得て、そうした機会が数多く生まれる現場にいられるというのは、本当に運営者冥利に尽きます。一度やったら病みつきになります。

お薦めリンク集


さて、ずいぶん長くなってしまいました。

最後に、私のお薦めとして記事の途中で掲載してきたLIVEの事例を、リンク集として掲載して終わりにしたいと思います(スマホで開くとアプリからフォローできます)。


木下優樹菜
https://live.line.me/r/channels/27927
ダレノガレ明美
https://live.line.me/r/channels/19439
北川景子
https://live.line.me/r/channels/235
中島美嘉
https://live.line.me/r/channels/19909
あひる
https://live.line.me/r/channels/19918
口口口口
https://live.line.me/r/channels/25242
Little Colours
https://live.line.me/r/channels/25895
MIAKA
https://live.line.me/r/channels/21185
酒井治美
https://live.line.me/r/channels/13577
迫畠彩
https://live.line.me/r/channels/17106
Saya
https://live.line.me/r/channels/17748
まりん&ゆうり
https://live.line.me/r/channels/10135
ちく
https://live.line.me/r/channels/24937
りゅうちぇる
https://live.line.me/r/channels/67
ぺこ
https://live.line.me/r/channels/134
りんか&あんな
https://live.line.me/r/channels/20789
へえ
https://live.line.me/r/channels/5785
ゆっこママ
https://live.line.me/r/channels/19383
WHITE JAM
https://live.line.me/r/channels/111
minmi
https://live.line.me/r/channels/22312
erica
https://live.line.me/r/channels/13707


以上。

にしようと思っていたら、私の趣味には偏りがあるようで、他のLINE LIVEのメンバーからも「全然わかってない」「これも入れろ!」と熱い推薦がありましたので、それらも載せておきます。


プラネットオシリス
https://live.line.me/r/channels/55
マッタリターイム
https://live.line.me/r/channels/24654
Ayano
https://live.line.me/r/channels/1191
おん
https://live.line.me/r/channels/21576
あやもん
https://live.line.me/r/channels/16148
元松美紅
https://live.line.me/r/channels/14362
mir
https://live.line.me/r/channels/13476
みやゆう
https://live.line.me/r/channels/11708
市野水菜
https://live.line.me/r/channels/3164
Garance
https://live.line.me/r/channels/17686
あやもん
https://live.line.me/r/channels/16148
かづさ
https://live.line.me/r/channels/6950
しゅー。
https://live.line.me/r/channels/5891
ゆきりぬ
https://live.line.me/r/channels/1641
ROZE MARINA
https://live.line.me/r/channels/11186
YUK!TO
https://live.line.me/r/channels/10646
TKC.jp
https://live.line.me/r/channels/4979
マシロンケーキ
https://live.line.me/r/channels/13464
Ryuji@あんどりゅー
https://live.line.me/r/channels/3387
シンディ
https://live.line.me/r/channels/3656


以下は、有名人系。


@SunCafe
https://live.line.me/r/channels/913
B2takes!
https://live.line.me/r/channels/350
Call Me!
https://live.line.me/r/channels/16495
DECO*27
https://live.line.me/r/channels/22283
Gacharic Spin
https://live.line.me/r/channels/25405
LAMP IN TERREN
https://live.line.me/r/channels/794
M.S.S Project
https://live.line.me/r/channels/315
MAGIC OF LiFE
https://live.line.me/r/channels/581
QunQun
https://live.line.me/r/channels/668
Rush×300
https://live.line.me/r/channels/351
Ryutaro Morimoto
https://live.line.me/r/channels/798
Silent Siren
https://live.line.me/r/channels/825
SOLIDEMO
https://live.line.me/r/channels/656
SPiCYSOL
https://live.line.me/r/channels/23307
Toshi & Lithi
https://live.line.me/r/channels/624
UNIONE
https://live.line.me/r/channels/731
WEBER
https://live.line.me/r/channels/780
Xmas Eileen
https://live.line.me/r/channels/111
あむちゃん!
https://live.line.me/r/channels/981
アメリカザリガニ
https://live.line.me/r/channels/143
オメでたい頭でなにより
https://live.line.me/r/channels/21915
しずく
https://live.line.me/r/channels/912
ジャルジャル
https://live.line.me/r/channels/121
たんぽぽ
https://live.line.me/r/channels/22065
ツキクラ
https://live.line.me/r/channels/616
とにかく明るい安村
https://live.line.me/r/channels/122
ブレイク☆スルー
https://live.line.me/r/channels/20888
みうめ
https://live.line.me/r/channels/25859
ゆうたろう
https://live.line.me/r/channels/488
仮面女子
https://live.line.me/r/channels/421
空想委員会
https://live.line.me/r/channels/416
栗城史多
https://live.line.me/r/channels/24893
高橋直気
https://live.line.me/r/channels/631
佐藤健
https://live.line.me/r/channels/702
上地雄輔
https://live.line.me/r/channels/789
杉恵ゆりか
https://live.line.me/r/channels/21523
斉藤平七(へえ)
https://live.line.me/r/channels/5785
石川綾子
https://live.line.me/r/channels/671
石田晴香
https://live.line.me/r/channels/803
中島美嘉
https://live.line.me/r/channels/19909
超特急
https://live.line.me/r/channels/38
天津向
https://live.line.me/r/channels/824
東京女子流
https://live.line.me/r/channels/563
内山愛
https://live.line.me/r/channels/369
乃木坂46
https://live.line.me/r/channels/733
Da-iCE(ダイス)
https://live.line.me/r/channels/963
AKB48グループ
https://live.line.me/r/channels/26
Juliet
https://live.line.me/r/channels/311
LinQ
https://live.line.me/r/channels/438
ROOT FIVE
https://live.line.me/r/channels/910
ROZE
https://live.line.me/r/channels/267
XOX
https://live.line.me/r/channels/47
アキシブproject
https://live.line.me/r/channels/574
たこやきレインボー
https://live.line.me/r/channels/818
田村淳
https://live.line.me/r/channels/248
堂珍嘉邦
https://live.line.me/r/channels/70
むすめん。
https://live.line.me/r/channels/869
吉田山田
https://live.line.me/r/channels/609
吉田早希
https://live.line.me/r/channels/446
近藤晃央
https://live.line.me/r/channels/683
倉持由香
https://live.line.me/r/channels/445
蛇足
https://live.line.me/r/channels/119
佐野和真
https://live.line.me/r/channels/688
出雲阿国
https://live.line.me/r/channels/606
217
https://live.line.me/r/channels/336
前園真聖
https://live.line.me/r/channels/46
五郎丸歩
https://live.line.me/r/channels/96
遠藤保仁
https://live.line.me/r/channels/843
ナオト・インティライミ
https://live.line.me/r/channels/26341


今度こそ以上です。
お気に入りを見つけて、ぜひ実際に会って(逢って)お楽しみください。

108冊目 「わたしの器 あなたの器」 高橋みどり

カテゴリ:
ひさしぶりの更新。

去年の後半でしたか。本を一冊も読まなかった月というのがあったんです。どんな時でも、時間がないだなんてことはないわけで、つまりは読む気にならなかったというただそれだけのことなんだけども、自分にとっては貴重な体験ではありました。
本なんて、読まなきゃ読まないでいいし、それは音楽も映画も一緒。離着陸を考えない紙ヒコーキには車輪がないし、納豆のタレにはキャップがいらない。純粋な目的と、純粋に一体化して、あとは何も考えない。ひとつの幸せです。もし自分が使い捨ての道具ならば、だけど。

そうした時期にも終わりがあって、再び本を読みはじめたんだけど、ここのところは、すぐ紹介するのがはばらかれるタイプの本ばかり読んでます。実用書、ビジネス書、研究書。
うぶな分野の本に出会うと、まるでそれが世界の真実みたいに思えて興奮するんだけど、数年経って読み返すとロクなことがない。時の試練をくぐり抜ける本と出会うのも大変だし、まず真っ先に、自分自信がその試練に耐えられない。時勢に応じてまとう衣を変える哲学的カメレオンは、生存本能として肯定されたとしても、顧みるに醜い。

もちろんそんなことを言い出したら何も書けないわけで、何について書くのなら間違いを許せるか、その線引きしかない。それは自分にとって、文学であり音楽でありアートであり、いまは料理ということになります。時が経てば、あいかわらず自分はそのときどきの感性を裏切り続けるわけだけど、実用書やビジネス書や研究書のように、対象が裏切ることはない。

というわけで108冊目。『わたしの器 あなたの器』です。

107冊目 「どうするジョージ!」 クリス・ホートン

カテゴリ:
飛行機の出発時間が遅れてふいに時間ができたのでひさしぶりに更新。

今回は、82冊目で紹介した『ちょっとだけまいご』(http://sasakill.blog.jp/archives/50878847.html)と同じ作家の絵本。これがまたおもしろい。

とにかく絵がいいからなのか、1歳ちょっとになる息子は本棚から毎日この本を勝手に取り出してペラペラめくって見ている。

お話の筋もいい。繰り返しのパターンと、続きを喚起させるユニークな終わり方。何度読み聞かせても飽きない。

クリス ホートン
2014-12

このページのトップヘ

見出し画像
×