95冊目 「あのひとと語った素敵な日本語」 あのひと+ユビキタ・スタジオ

カテゴリ:
いちるさんの紹介で知った奇書、村上陽子さん(配偶者・村上春樹さん)の覆面対談。


覆面なのになぜそう言い切れるのかと言われても困るが、とにかくそうなんだからしょうがない。読めばわかる。

春樹のファンであれば、どこもかしこもおもしろい内容だが、それを控除してもなお、これはちょっとした(つまりちょっとどころじゃない)本だった。

読後になお印象深いのは、青山(とは明言されてないんですが青山のことです)のマンションで暮らす者が感じる風景と心象を、謙遜や自慢や立場を抜きにして率直に語られていたこと。この本がもし覆面対談でなかったとしても、陽子さんはそのように直裁に語ったと思うけど、とにかくそういう話は他のどこでも聞いたことがなく、大変おもしろかった。

あとは、結婚観とセックス感ね。『ノルウェイの森』の緑が奥さんをモチーフにしているという話は聞いたとこがあるけれど、まさに。緑は、仏壇の前で「お父さん、これが私のおまんこよ」と言ったけど、陽子さんも同じことを言いかねない雰囲気を感じる。とっても魅力的。

あとついでに、対談の相手が(言葉は悪けれど)クズなのもおもしろい。その意味でも奇書。


「あのひと」+ユビキタスタジオ
2006-01

94冊目 「pixivエンジニアが教えるプログミング入門」 金子達哉

カテゴリ:
思っていたよりも易しく、思っていたよりも為になる本だった。ウェブのの基本が本当にコンパクトに抑えられている。思えば、自分がライブドアに入って最初の年に覚えた開発の基本がこれと同じ内容だった。


企画職にも、デザイナーにも役立つ入門書。新卒の教育にもそのまま使えそう。



93冊目 「ビッグデータ・コネクト」 藤井太洋

カテゴリ:
SF大賞を獲ったあとの最新書き下ろしは、松本清張ばりの推理小説。冒頭ページから引き込まれ、一息に読み終えた。長めの小説なのにダレるところがなく、これまでの作品の中でもっとも没入感が高い。個人情報がテーマということも重なって、現代を生きる万人にお薦めできる傑作。藤井作品のなかで一番好きかも。


武岱(ぶだい)という謎の人物と、事件の謎。ミステリ的手法で読者をぐいぐい引っ張るが、その中心にあるのは、一般には理解しがたいIT土方(という言葉をあえて使います)の思考回路の謎。物語の後半、それが鍵になって全てが解き明かされる。
小説内には、現実世界を騒がせた事件やサービスやIT技術がたくさん登場するが、それが単なるパッチワークにならないのは、著者が体験してきたIT土方のリアリティがあるから。もしこのようなプロットやトリックを思いつく人が藤井さん以外にいたとしても、藤井さんのようには作品に魂を込められなかったろう。緻密な構築物の中に、切れば血の出る、生々しい叫びが塗り込められていて、ぞっとする迫力を感じさせる名作だった。

私は、紙で予約注文していたのに、待ちきれず0時発売スタートの電子版で読みました。お好きなほうでどうぞ。



92冊目 『本で床は抜けるのか』 西牟田靖

カテゴリ:
井上ひさし。立花隆。本書で度々言及される書痴たちの破格のエピソードが好きで、引用元になっている本も過去に読んできた。馬鹿馬鹿しいまでの本好き加減を、しかし憧れをもって仰ぎ見て楽しんでいた。

しかしこの本はおそろしい。そしてまた破格におもしろい。ロマンもへったくれもない10年代の蔵書家のリアリティ。これは話題になるわけだわ! そんで文芸書のコーナーに置くべき(と思ったらもうそうなってるようです)。


ひるがえって自分は、自宅に2000冊を残し、これまでに1000冊をスキャンし、不要な1000冊を売り、実家に1000冊預かってもらってる。夫婦仲はとっても良好です。

関連 : 去年チャレンジした、壁一面の本棚の作り方。


91冊目 「赤ちゃんがすやすやネンネする魔法の習慣」 A・カスト・ツァーン / H・モルゲンロート

カテゴリ:
寝かしつけを止めることで、かえってよく眠れるようになる。

感銘を受けた『フランスの子どもは夜泣きをしない』でよく理解できていた原理も、日本で主流の育児法の情報の洪水の中にいると、なかなか実行が難しい。心理的に。

    注 : 19冊目に登場

    でもその障壁を取り除いて、寝かしつけを必要とせず夜泣きもしない方法を実行するにあたって、この本のメソッドはとても役にたった。


    実行した初日から効果があり、二日目してほとんど完成。昼寝の時間も、夜の就寝も、寝かしつけの時間はゼロ。そして、中断もほとんどなく眠り続けてくれる。

    夫婦の自由な時間を取り戻した僕らは、うれしさのあまり踊れもしないマクミラン版のロミジュリをリビングで踊って喜びを爆発させた。

    なぜもっと早く……とは思わないことにした。睡眠に悩まされない、夫婦と家族の明るい未来をただ祝いたい気分。

    ※ちなみにうちは現在9ヶ月です。


    A・カスト・ツァーン H・モルゲンロート
    2009-08-03

    このページのトップヘ

    見出し画像
    ×