カテゴリ:
Amazonの解説と、どこかのブログでみかけた紹介がすごくおもしろかったのが買って読んでみた。いわくありげな話に弱いんだよなあ。

だけど、ずいぶんクセのある文章(なのか翻訳)のせいで、なかなか入り込んでいけなかった。大江健三郎の文章みたいに、ひとつの文章を何度も読み返さないついていけない箇所がある。

また、内容的にもちょっと古めかしい感じ。ただ、読み終わって思い返してみると、見たことのない(ただし読んだことのある)風景がいくつも思い浮かぶ。なんかわからないけど、不思議と印象的な作品。特に冒頭の3作品、「黒い小猫」「虎よ! 虎よ!」「誰でもない男の裁判」はなかなかよ
かった。

誰でもない男の裁判(A・H・Z・カー)