カテゴリ:
 

ネタバレ、というか、読む前に読むべきじゃない感想だと思うので、続きはそれでもいいという人だけどうぞ。
市販のカレールーを入れてただ煮ただけのカレーみたいな小説だった。

水で煮るときにコンソメスープの素やホールトマトを入れるわけでもなく、カレールーを2種類以上ブレンドするのでもなく、はちみつを隠し味に入れるでもなく、最後にソースとしょうゆで味を整えるでもなく、ただ、バーモントカレーの中辛だけで作ったようなカレー。
腐っても鯛、ただ煮てもカレー。残さずぺろりとたいらげたっちゃたいらげたんだけど、満足感はないんだよなあ。

それでも、カレーのなかに、ゴロっといた食いごたえのある美味しい肉みたいなのが入っていて、そこはさすがというか、それくらいしてもらわないと。
ちなみにその部分というのは、(自分にとって)これ。

「迷惑を掛けたな」

榎木津が益田くんに謝った! しかも初めて、本名で名前を呼んだ!
というわけで今回は、榎木津の人間らしい一面を楽しむためのキャラクター小説って感じ。