カテゴリ:
舞城王太郎の『九十九十九』を読んだ。

舞台は、清涼院流水のJDCシリーズのシェアードワールド。主人公の九十九十九(くつもじゅうく)は、そのJDC(日本探偵倶楽部)の探偵神(神!)かつメタ探偵(メタ!)というわけのわからない設定。
お話そのものも、とにかくわけのわからない感じで、夢野久作の『ドグラマグラ』みたいにねじれてる。
あと、メタ探偵ってどういうことかと思ったら、「探偵小説の作法に則って、作者の意図を汲み取って推理する」というようなことらしい。だから間違わない。常に正しい。なんじゃそら(笑。そういうの好きだけど。

まあとにかく全編にわたってメタ。メタミステリ、メタ探偵、メタ小説、メタ文学。でも、そのメタ文学のところに、物足りなさを感じる。あと、セカイ系っていうのもお腹いっぱい。

先日読み終わったばかりの『脳の中の幽霊』(感想)という本には、「哲学や心理学や文学の専門だと思われていた「自分とは何か」という問題が、実は脳科学/神経科学の分野から研究可能な問題である」というような内容が書かれていて、そこがともて印象的だった。

つまり、メタ文学といったテーマを取り扱ったり、セカイ系の小説を書くときに、脳科学/神経科学の視点が抜け落ちていると、なんというか、リアリティがない。
そんなことがあるもんかと、ついこの間まで思っていたけど、『脳の中の幽霊』を読んでから、そこのところの価値観がまるで変わってしまった。そんなことってあるのだ。

エンタテインメントとしてはすごくおもしろい小説だった。