カテゴリ:
※ちょっと前置きが長いけど、「ソーシャレット」という新機能(アプリ)の紹介が目的です。




あまった「お金」と「情報」の使い途の共通点


もし自分に、当面使う予定のない「お金」があったらどうするか?

株や証券や不動産などに投資するのが賢いやり方だとされているし、元本割れのリスクを嫌う人が銀行に預金するのだって悪くない。ただしタンス貯金はよくない(とされている)。

では、もし自分に、他者に提供可能な「情報」があったらどうするか?

ブログやTwitterやSNSなどで共有するのが賢いやり方だとされているし、ネットに抵抗のある人が身の回りにだけに教えるのだって悪くない。ただし自分の中だけに閉じ込めておくのはよくない。ということになるだろうか。

使う予定のあるお金や、秘密にしておきたい情報は自分の手元でコントロールしたほうがいいけれど、そうでないお金や情報には外に出て働いてもらったほうがいい。

そのとき、お金については共通の単位があるので、複数の口座があっても管理はたやすいけれど、情報については共通の単位がないので、ひとつのアカウントに集約しておかないと何がなんだからわからなくなるし、なにより、情報を共有することで生まれる「信頼」や「尊敬」や「徳」や「絆」は、ひとつにまとめてこそ価値が最大化される。


早くはじめるほど、大きく勝てる


リスク〈上〉―神々への反逆 (日経ビジネス人文庫)リスク〈上〉―神々への反逆 (日経ビジネス人文庫)
著者:ピーター バーンスタイン
日本経済新聞社(2001-08)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

投資の歴史を書いた本によれば、昔、ごく一部の人だけが株や証券に投資をしていた草創期には、プロが勝つことは容易だったそうだ。いまのプロよりスキルがなくても、いまのプロより勝っていた。
ところが現在のように成熟した市場になると、プロといえども容易には勝てない。一般人においてはなおさら。

そして、まだ成熟には遠い情報社会の入り口である2000年代のいま、草創期の株式市場と同じような「早くはじめるほど、大きく勝てる」という状態が生まれている。
なにをはじめるのか?
それは、情報共有と口座(アカウント)の集約だ。

莫大なタンス貯金をしていた旧世代の資産家を、限られた元手でスタートした若手の資産家が追い抜いていくようなことが、「情報」という分野についても起こっている(たとえば、旧世代の知識人が、いつのまにかネット世代の知識人より存在感や影響力がなくなっているとかそんなようなこと)。

他者に提供可能な「情報」をネットを通じて惜しみなく共有し、リアルの世界とつながる口座(アカウント)に集約させている人たちは、旧世代の人が長い間かけて築いた「信頼」や「尊敬」や「徳」や「絆」を、ごく短期間に獲得している。これってとんでもなくエキサイティングなことだよね。


ソーシャレットという新機能(アプリ)について


というわけで、その情報の総合口座(アカウント)にあたるようなサービスの開発に、いまいろんな人が挑戦しています。ライブドアもそんな会社のひとつです。

そこでまず、「livedoor プロフィール for Facebook(アプリ名は「Sociallet」)」というサービスをリリースしました。これは、情報を共有するサービスをまとめ、信頼の口座(アカウント)を作るのを助けるサービスです。

雰囲気こんな感じ。36秒の動画です。



で、実際どうなるかというと、以下のようなページがlivedoorやFacebookのなかにできて、共通の管理画面から一元管理できます。

クリップボード0222
Facebookページの佐々木大輔


情報のタンス貯金はやめよう、信頼の口座(アカウント)を作ろう」というテーゼに共感する人には、ぜひお薦めします。やってみてね。


関連リンク


「livedoorプロフィール ソーシャレット」コンテンツ(ツイッターやTumblrも!)をFacebookページに書き出し可能に / ネタフル

ネタフルのFacebookページにも「ソーシャレット」を導入してみました!
「ソーシャレット」を使うと、Facebookページに簡単にコンテンツ追加できるし、楽しくなるね!

Facebookページを5分で作れるサービス、「ソーシャレット」をリリースしました。- ウェブ狂の詩 - @takejune

ちなみに「ソーシャレット」とはsocialとletを足して作った造語です。
letは縮小辞で「小さな〜」という意味なのですが、ブレスレット、アンクレットみたいにくっつけると道具を表す名詞になったりするので、「ソーシャル化」のための小道具というイメージで名付けました。

ライブドアの新サービス「livedoorプロフィール ソーシャレット」を使ってさくっとfacebookページをつくってみた - これからゆっくり考えるL

Facebookページ、ちゃんとつくるの面倒だなー…と思って全然やってなかったんですが、ライブドアから素敵なサービスがリリースされたのでさくっとFacebookページをつくってみました。

サクッとFacebookページを本格管理!純国産Facebookアプリ「ソーシャレット」が出たので使い方紹介 - blog::941

このソーシャレット、開発チームはここ半年以内にjoinした人達で編成されてて「新しい人が入るってこういうことなんだなー」と実感した。
今後もソーシャルメディア向けのものをバンバン出していくそうなので期待。


2011年春にソーシャルプラットフォームを考える 〜ソーシャレットをリリースしました - Blog Start All Over

ちなみにソーシャレット の実制作・開発期間はエンジニア・ディレクター・デザイナー各1名ずつで2ヶ月弱というところ。今回は初めてのFacebookアプリで試行錯誤した部分も多かったため、今後はもっとフットワーク良く、またプラットフォームの長所短所を熟知したサービス設計・開発ができるとワクワクしています。