カテゴリ:
小学生の頃に読んだ西遊記を再読したくて調べてみたら、あらゆるバージョンの西遊記があってどれだかよくわからない。表紙を見ても思い出せないし、困ったなあと思ったら意外な手段で解決した。

本へのとびら――岩波少年文庫を語る (岩波新書)本へのとびら――岩波少年文庫を語る (岩波新書)
著者:宮崎 駿
販売元:岩波書店
(2011-10-21)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

宮崎駿が、岩波少年文庫から50冊のおすすめリストを作るという企画なんですが、そのなかで西遊記にふれた文章を読んで確信しました。自分が小学生の頃に読んだ、あの死ぬほどおもしろい西遊記はこれだと。

西遊記〈上〉 (岩波少年文庫)西遊記〈上〉 (岩波少年文庫)
著者:呉 承恩
販売元:岩波書店
(2001-11-16)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
西遊記〈中〉 (岩波少年文庫)西遊記〈中〉 (岩波少年文庫)
著者:呉 承恩
販売元:岩波書店
(2001-11-17)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
西遊記〈下〉 (岩波少年文庫)西遊記〈下〉 (岩波少年文庫)
著者:呉 承恩
販売元:岩波書店
(2001-11-16)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

西遊記は、あまりに翻案されすぎて、オリジナルがどれだけ奇想天外で最高におもしろい小説かというのが、ほとんど理解されていないと思う。

『本へのとびら』の中で印象的だったのは、『ホビットの冒険』(『指輪物語の前章』)はあらゆる小説や漫画やアニメやゲームに食い尽くされて今では新鮮味がない、というようなコメント。それに対して、『西遊記』はまだまだ色褪せない魅力を放っている。その原因のひとつは、善悪の境目が混沌としたお話だからではないか、という推察があった。そう実は、孫悟空というのは、西遊記を未読のみんながなんとなく思っているよりもさらにとんでもないキャラクターなんですよね。

子供向けだなんて思わずに、ぜひ手に取ってみてください。