カテゴリ:
本を買うと、帯はすぐはずして捨てます。かなりの情報量と工夫がつまっているので惜しいと思う気持ちはあるんですが、つけたままだと読みづらいし、本棚に収めたときもかさばるしで結局は要らないよなと。

でも、Scansnapを買ってからは、それをスキャンしてから捨てるようになりました。スキャンしたデータは、Evernoteの「帯」というノートを作って放り込んであるんですが、これをまとめて読むとなかなか楽しい。読んだ本を思い出す“よすが”になるし、人に本を推薦するきっかけにも使える。

というわけで、スキャンした帯のうちいくつかをアップロードします。


12
 檸檬婦人 (新潮文庫) [文庫]

52
 「鍵のかかった部屋」をいかに解体するか [単行本]

23
悦楽王 鬼プロ繁盛記 (講談社文庫) [文庫]

00
 西村賢太対話集 [単行本]

43
 トールキンの世界 [単行本]

27
 知性の限界――不可測性・不確実性・不可知性 (講談社現代新書) [新書]

08
 遠野物語―付・遠野物語拾遺 (角川ソフィア文庫) [文庫]

34
 文学のレッスン [単行本]

30
 
ナイン・ストーリーズ (ヴィレッジブックス) [文庫]

42
 なめらかな社会とその敵 [単行本]

03
 山岳マンガ・小説・映画の系譜 [単行本(ソフトカバー)]

39
 日本の路地を旅する (文春文庫) [文庫]

22
 新装版 画文集 炭鉱に生きる 地の底の人生記録 [単行本]

11
 薔薇ひらく日を―『薔薇族』と共に歩んだ30年 [単行本]


やってみたら意外に楽しい。

Amazonの小さな画像で表紙を見るより、レビューを読むより、もしかしたら単に帯だけのほうが「読みたい」という気持ちを煽るかも。Amazonの表示方法で帯モードが選べたら絶対使いたい。