カテゴリ:
奥さんと一緒に映画『華麗なるギャツビー』(2013年)を2回も見ました。いやー、おもしろい。小説でイメージする世界が、ちょうどよい過剰さで映像になっていて、冒頭から最後まですっかり夢中になりました。

華麗なるギャツビー ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産) [Blu-ray]
レオナルド・ディカプリオ
ワーナー・ホーム・ビデオ
2013-10-09


あわせて小説のほうも再読。ブログを振り返ってみたら、2006年と2008年にも読んでいるのでこれで三読となりますが、一度読むだけではわからなかったあれこれに気付いてますますおもしろい。

あとこれは粋がった言い方になりますが、自分も長編小説を書くようになって、この作品がいかに尋常ならざるものかというのも以前に比べてわかるようになった気がします。当たり前の言葉だけを使って、見る角度によって輝きを変える宝石のような多義的世界が顕現している、すごい小説です。


グレート・ギャツビー (村上春樹翻訳ライブラリー)
スコット フィッツジェラルド
中央公論新社
2006-11