カテゴリ:
ハンバーガーでもピザでもステーキでもガーリックシュリンプでもパンケーキでもなく、ハワイの伝統的な郷土料理を食べてみたい! というわけで訪れたのがオアフ島のワイキキエリアからも近い「Ono Hawaiian Foods(オノ・ハワイアン・フーズ)」。



結果としては、世界ウルルン滞在記で見るような、ポリネシアやアフリカなどの辺境の地で供される食事ってこんな感じなのかな、と想像させる味でした。

美味しいのか美味しくないのかは、あまり語りたくありません。ただ、生涯忘れられない食体験になりました、ということだけはお伝えしたいと思います!

行ってみた


お店の場所はワイキキ中心部から少し離れています。散歩がてら行ける距離ではありますが、この日は自転車をレンタルして朝からダイアモンドヘッドに登り、その帰り道に訪れました。



外から見ると、ハワイのローカル料理というよりもアメリカのダイナーといった雰囲気。



ガイドブックに必ず載るような有名店だけあって、店内の壁には有名人が訪れたしるしがたくさん。
しかし、観光地化されて名前ばかり有名になったお店ではないようで、この日もハワイローカルの人々が訪れ「これが私たちの日常なのよ」といった風情であたりまえのように食事をしていました。地元に根付いた小さなお店で、観光客は僕たち夫婦だけ。



注文したのは、とりあえずこれを頼んでおけばOKというようなセットメニュー。日本人の舌にはあわないという話を聞いていたので、恐る恐るふたりで一人前だけ注文しました。

写真左上の黒っぽいかたまりは、豚肉をタロイモの葉で包んで蒸したもの。カルアピッグというそうです。味付けは塩。その隣にあるのが牛の干し肉と、寒天のような歯ごたえの何か。

真ん中の皿はタロイモをすりつぶしたソース。調味料は特に加えられておらずそのままの味。お好みで豚肉にあえて食べます。その隣はカットしただけのタマネギ。岩塩が添えられてます。

下にあるのはライス、チリソース(塩味)、そしてトマトと魚の身をサイコロ状にカットして和えたもの(塩味)。

つまり、すべての料理が素材そのままの味か、それに塩を加えただけ! なんというシンプルさ。

さまざまな調味料やうま味成分(umami)や香辛料の奴隷となっている人間の舌には、決して美味しいとは感じられない味でしす。いつなんどきでも食事を楽しめると思っていた自分ですが、正直言って箸が進まない。あまり食べてないのに、おなかがいっぱいでもう食べられない……。



メインディッシュのカルアピッグ。ナイフでタロイモの葉を切り裂くと、中から豚肉が出てきます。それを葉っぱと一緒に食べる……と聞くとなんだか美味しそうなんですが、なにかもう一味足りない。嗚呼、醤油がほしい、ニンニクがほしい、ブラックペッパーがほしい、だけどない。唯一、味に変化をつけられるチリソースには助けられました。



そんな私の救世主になってくれたのが、鶏とセリのスープ。これは美味しい!

当然これも塩味だけなんですが、鶏の脂から出るうま味にセリの香りが加わってお雑煮のスープのような食べ慣れた味わいに。注文しておいてよかった!

このスープを励みにしながら、普段は少食の奥さんもがんばってくれて、なんとかふたりで一人前をたいらげることができたわけですが、そこで店員さんがテーブルにやってきて「ノコサズタベタネ!」的なことを言って喜んでました。きっと多くの日本人が食べ残して帰るんでしょうね。自分もひとりだったら絶対に完食できなかったし、その気持ちはよくわかります。

でもそれで不満だったかというと、そんなことはまったくない。

決して美味しいわけじゃないんだけど、その食べ物から、その料理が属する世界の営みが直接に感じられるという得難い体験ができました。手に入るものだけで料理したらこうなるよなと。不満どころか、非常に満足度が高いお店です。あれだけ箸が進まなかったのに、また行きたいとさえ思ってます。

なんというか、世界ウルルン滞在記なんかでよくある、土中で蒸し焼きにしたキャッサバをふるまわれたときの俳優の気持ちがよくわかりました。口にあわないんだけど、心が感動しているのは嘘じゃないというね。ほんとに生涯忘れられない食体験でした。大げさに思うかもしれませんが、ハワイ旅行中一番の思い出です。


お店の情報


726 Kapahulu Ave, Honolulu, Oahu, HI 96816-1133 (Diamond Head - Kapahulu - St. Louis)
http://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g60982-d433975-Reviews-ONO_Hawaiian_Foods-Honolulu_Oahu_Hawaii.html