カテゴリ:
年末になるとブロガーみながやりだす「買ってよかったもの」。一年を振り返るいいきっかけになりますよね。というわけで私は、家事に役立つお買い物ということで主夫目線でBEST 5を選んでみました。

1. キッチンクロス



36枚で1,920円。1枚あたり52円。この安さ、そして枚数の多さがいいんです。

シンクの水滴、吹きこぼしや油はね、子どもがこぼした食べかすや食後のテーブルの清掃、水切りした後の食器の水分の拭き取りなどなど、キッチンクロスは何枚あっても困りません。1日に少なくとも4枚〜5枚使うのは当たり前で、洗濯・乾燥中のものを考えると常時10枚強がローテーションしています。
だから、無印良品あたりで5枚いくらのものだと全然足りないし、割高。だったら最初にまとめて買ってしまって、常に清潔なクロスをどんどん使ったほうがいい。という意味で非常におすすめす。買ってよかった。


2. タオルホルダー



写真だとわかりづらいですが、これは5.5センチ四方のサイズのタオルホルダーです。シンクの下の扉などに貼り付けておいて、タオルやキッチンクロスの隅をぐいっとねじ込んで固定しぶらさげておくのに使います。

我が家ではこれは4つ横に並べて、手を拭くタオル、シンクやコンロまわりを拭くクロス、床などを拭くクロス、洗ったあとの食器などを拭くクロス、などを突っ込んでいます。1個750円というのは安くはないけれども、なにより楽ちんだし、料理するための作業スペースは邪魔しないし、本当に買ってよかった。素晴らしい商品です。


3. マグネットフック



冷蔵庫なんかに貼り付けておくマグネットです。メモを固定したり、ちょっとした鍵なんかを掛けておいたりします。

そんなのは何を使ったって一緒だとお思いかもしれませんが、気がつくと、水廻り工事の広告のマグネットだとか、銀行でもらってきちゃったやつだとか、アンパンマンやトーマスのなんかだとか、そんなものに占領されてカオスになっていたりしませんか? それに、強力なマグネットってのはいいものです。使ってみればわかります。
5個で1,000円もしちゃいますが、これをいますぐ買って、冷蔵庫にへばりついてる不統一でへなちゃこなマグネットをすべて捨ててみてください。こんなマグネットフックにも哲学があるんだということにすぐ気づきます。おすすめ!


4. タダフサのペティナイフ



定評のあるタダフサの包丁。その最初の一本として、ペティナイフを購入。お値段9,800円。

よく切れて、手に馴染み、扱いやすいナイフ。
これを手にしたことで、料理に対する悩みが半分くらい解決しました。
千切りが苦手だったのも、トマトの断面からぐじゅぐじゅした中身が飛び出ちゃうのも、カボチャを切るときに力が入りすぎて怖かったのも、すべて解決。なぜもっと早く品質の良い包丁に鞍替えしなかったのかと、無駄に悩んだ時間を後悔しています。

包丁といえば、グローバルや有次も有名ですが、そちらはまだ扱ったことがありません。なので比較はできませんが、デザインだけでいえばタダフサが好み。そして、使っていてなんの不満もなく、喜びしかありません。買ってよかった!


5. ストウブのピコ・ココット ラウンド



フランス生まれの鋳物の鍋です。お値段22,000円。

鋳物の鍋といえばル・クルーゼかストウブ。というような定番の品ですが、その前までに何年もル・クルーゼを使ってきた者としては「そんなに違いがあるものかね」との疑いの思いもありました。が、使ってみると違うもんですね。確かに違う。気になる方はどうぞAmazonのレビュー欄を見に行って、ル・クルーゼ=ストウブ批評をご覧になってください。ル・クルーゼで十分かなと思っていた人も、きっと欲しくなるはずです。

ちなみに私はすでにストウブ派で、次にもうひとつ買うとすればやっぱりストウブに手を出すと思います。いやそのまえにWESTSIDE33の銅のお鍋かなー。とかなんとか、買い物の楽しみは続きます。来年もこんな感じの主夫目線でまとめてみよう。

では1年後に。