カテゴリ

カテゴリ:買った本・読んだ本

田端も徳力もよくわかってない! バイラルメディアを実践してわかった、従来メディアとの具体的な違いを教えます

カテゴリ:
viral
via http://www.tintup.com/blog/11-types-of-viral-content-that-spread-on-the-internet/


気がついたらずいぶんひさしぶりの更新です。こんにちは。
この記事(↓)を読んでいろいろ言いたくなったので移動中の飛行機のなかでばばっと書きました。

バイラルメディアという言葉は、いつからパクリサイトや劣化コピーメディアのことになってしまったんだろう。
http://blog.tokuriki.com/2014/10/post_817.html



   *


田端さんの記事は味噌とクソを練り合わせたものを田楽に塗って熱々に焼き上げたゲテモノだし、徳力さんのは長さが自慢のお徳用ソーセージパンみたいなもんで最初の一口で味がわかってすぐ飽きがくる。

ええーい、どっちもどっちで物足りないわ!

集客の軸がSEOからSMOに移り変わるなかでFacebookやTwitterから爆発的なトラフィックを運んでくることに成功した時代の寵児・バイラルメディアうんぬんかんぬん……。はい、それはよくわかりました。耳タコです。

じゃあそれが従来のウェブメディアとどう違うのか?

というわけで、ど新規のブログを立ち上げてバイラルメディア的手法を実験してみた自分の経験から、従来のウェブメディアとバイラルメディアの違いを紹介したいと思います。ちなみに、その実験的なブログは開始から1ヶ月で30万PVに到達しましたので、そこそこうまくいったほうだと思います。

というか、「そこそこ」だなんて言うのはかっこつけすぎですね。実際のところ、順調にPVが伸びていくことにほんとびっくりしました! というのが本心です。

試行錯誤するなかで、自分の固定観念がひっくり返っていきました。
バイラルメディアの文章術はこんなにも違うんです。


文章を構造化しない。

小見出しはhタグで囲って、参照したいリンクがあれば正しいタイトルにaタグを使い、引用があればblockquoteタグで囲ってインデントをつける……という従来のお作法は全部逆効果。地の語りで流れるような調子の文章に比べると、見出しやリンクや引用といったお飾りに邪魔された記事はとても読みづらいんです。

検索のクローラーにとっては好都合でも、読んでいるのは人間。読者は書き手の語りをそのまま聞きたいと思うものです。そうして共感を得ないと、記事が広まっていきません。


エンドコピーでおぼえてもらう。

ソーシャルメディアからやってくる読者は、その媒体のことを何も知りません。のみならず、何度目かの訪問で毎度記事に満足してくれていたとしても覚えようとはしてはくれません。ブックマークにも、RSSリーダーにも入れてくれません。

それでも、自分の媒体を覚えてもらおうとすれば、記事を締めくくる定番のクリシェ、エンドコピーが有効です。「世界とつながる、MOVEする - TABI LAB」とか「そんじゃーね」とかそんな。なんでもいいんです。でもこの繰り返しが効いてきます。

名前が広まると、媒体名で検索してたどり着く人が増えます。ブックマークにも、RSSリーダーにも入れてくれない人たちが、空き時間にそのサイト名を思い出してスマホで検索して見にきてくれるようになります。こういう人が本当に大切。

いま思えば、従来のウェブメディアによくある「GoProのキーワード流入が増えた! やった!」というほうが歪で、キーワード流入の第1位が媒体名になることはとっても大事だし、目指すべき価値のあることです。


過去記事の再利用はあたりまえ。

ストック型の媒体であれば、記事のタイムスタンプを変えずに追記するのがお作法なんですが、バイラルメディアは違います。両面あるけど、どちらかといえばフロー型。過去に紹介した記事に新しい情報があれば、古くなったところだけ書き換えてまた新着記事としてあげていいんです。何度だってあげましょう。

同じような記事がブログ内にあったっていいじゃないですか。重複コンテンツとしてGoogleからペナルティを受けるかもしれない? 知ったこっちゃありません。読むのは人間です。適切なタイミングで届けることが大事です。


SEOから自由になれば、見出しはもっとおもしろくなる。

正確な商品名、人名、ブランド名を記入すること。できれば英語名も併記。そして人が検索窓に入力しそうな無骨なキーワードを組みあわせること。こういう書き方はSEOを意識していると自然に身につくのですが、これもバイラルメディアには関係ありません。略称やスラングのほうが、届くべき人のしっかり届いて好ましいです。

バイラルメディアは、情報取得のツールとしてではなく、感情をふるわせる身近な友人として振る舞います。優等生みたいに堅苦しい言葉を使う野暮な野郎は好かれないので、スラングを正しく使いこなして彼らがトライブの一員であることを証明するほうが優先されます。


不都合なことに目をつぶらないこと。嫌われ者になれ。

人の感情を刺激しようとしてネタを探すと、ポジティブな情報と同じくらいネガティブな情報が集まります。一部の人にとって不都合な情報というやつです。でも、その情報を取り扱うことが媒体のコンセプトに沿うならば、堂々と取り上げましょう。ときに自分が悪者になりますが、進んでそれを引き受けましょう。

その情報を取り上げるのに十分な知識があり、媒体としての大義名分があるならば、億することはありません。ポジティブなことしか書かないレビューブログや、いいね!だらけのソーシャルネットワーク大会とは違うんです。その覚悟を貫くことで、敵と味方が一緒に増えます。そしてその両方が、ともに貴重な財産になります。


コピペ上等。ただし、されるほう。

バイラルメディアは広まってなんぼ。自分の考えやインスピレーションが広まることが大事ですから、どんどんコピペしてほしいくらいです。2ちゃんねるもBLOGOSもSmartNewsも大歓迎。媒体名の刻印は、文章中に(そう、エンドコピーに)あります。そこで名前を覚えてくれた人は、次回は検索して本家サイトを直接訪れてくれるかもしれません。


アドセンスのことは忘れよう。

お金のことも書いておきます。
アドセンスはあまり相性がよくないと(現時点では)思います。悪くはないけど、根本的な思想のレベルで不一致があって、バイラルメディア的な媒体には合ってない。「ちんぽ」と書く必要があれば書くのがメディアの罪、それを許さないのはGoogleの罪。ってやつです。

メディアとして固定のファンができている状態ならば、記事広告、物販、書籍の販売、イベントといった媒体ポリシーと整合性のあるマネタイズ手段が正道。SEOを意識した文章だけを書いて小銭を稼ぎたいのなら、「NAVERまとめ」や「nanapi」に投稿するのと変わりありません。もちろん、それはそれでアリなんですが、そういう方法をあえて採らず、自分が命名したメディアで自分が編集方針を決める一国一城の主でありたいのなら、アドセンスではない別のやり方を考えましょう。いくらでもあります。


……と、ここまで書いた特徴をおおむね兼ね備えているレガシーなブログを我々はよく知っています。


やまもといちろうBLOG
http://kirik.tea-nifty.com/



ちょっと説明が必要なのはエンドコピーのところでしょうか。
例の「mixi」ってのがそれにあたります。

もうひとつニューカマーから挙げるとすればこれもそう。


Blog @narumi
http://narumi.blog.jp/



これらのブログがすごいのはすでによく知られていますが、これまでに挙げたバイラルメディア的手法という観点から見直してみてもやはり理にかなっていてすごいと思います。


えいっ。という感じでだいたい書きました。

【感動】【泣ける】【死ぬまでに〜したい】とか、笑ったらシェアとか、取って付けたようなクソどうでもいい管理人のコメントとか、内容もコピペでいいじゃんとか、みんなに嫌われるバイラルメディア的特徴というのはあくまで表面的なもの。紳士ならばそれをいちいち目くじらを立てず、本質を目を向けたいものであります。

バイラルメディアを実践してわかったのは、これはウェブのコンテンツをボット中心から人間中心に引き戻すムーブメントだということ。

人間中心のメディアを目指すときに有効なテクニックは、新しそうに見えて古いものばかり。過去のメディアの試行錯誤の遺産から学べることが数多くあるし、技術介入の余地が広大に残されています。いまのバイラルメディアがクソに見えるとすれば、文章がクソか、中の人がクソか、あるいはその両方かのどれかです。ただそれだけの話。

書き手ではない第三者が「バイラルメディア」というバズワードに期待したり失望したりするのは勝手ですが、書き手はそれに惑わされちゃいけません。人間中心の時代へのゆり戻しを楽しまなきゃ。私はそれにワクワクしながら、事業としても個人としてもメディアをやっているし、読者はそれを正直に評価してくれていると感じます。

ワクワクしたらシェア(一度言ってみたかったー!)。
というわけで今後とも何卒よろしくお願いいたします。


関連リンク


ウェブ時代の文章読本
http://narumi.blog.jp/archives/1809511.html

こんな本を読んで、こんな料理を作っています。

カテゴリ:
自分なんかが料理を語っちゃいけない、と思えるくらいの分別はありますが、ためになった本を黙っておけるほど慎み深くもありません。というわけで、恥知らずにもここに公開させていただきます。
何事もまず資料から、という人にはなにかしら参考になるかもしれませんよ。


『粗食のすすめ 夏のレシピ』 幕内秀夫


最近まじめに料理をするようになって真っ先に引っ張り出したのがこの本。
ほとんどの料理がひとつかふたつの素材の組み合わせで出来ているので、いわば和食の単語帳、あるいは「いろは」。文法を学ぶ前の基礎作りとして参考にしました。野菜がひとつあったら、それで一品作る。そのさまざまなバリエーションが学べます。

粗食のすすめ 夏のレシピ
幕内 秀夫
東洋経済新報社
2000-06


お気に入りはトマトの味噌汁。和風ダシをしっかりとって作ります。さっぱりとした酸味の効いた熱いスープが食卓のアクセントになりますよ。
味をまろやかにしたい場合は、卵を溶き入れて、よりさっぱりしたい場合は、塩を振って水気をしぼったキュウリを食べる直前に入れていただきます。

2014-07-29-10-56-49


基本の和食 (オレンジページブックス―とりあえずこの料理さえ作れれば)


生姜焼き、親子丼、けんちん汁、豚汁といった定番の家庭料理がもれなく学べる一冊。写真が大きく、手順も明快。値段も安い。この機会にAmazonのレビューを見てみましたが、なるほど評価が高い。



自分の場合、これはしょっぱすぎるだろうとか、甘すぎるだろうとか勘が働いても、まずは分量を正確に計って完コピしていきました。慣れ親しんだやり方を一度は疑い、妻に感想をもらって、そこから自分なりの基準を作り直していくのに、いい補助線となってくれました。なんの変哲もない本なんだけど、こういうのが一冊あると助かる。そういう本です。

2014-07-29-11-00-01


『ごちそうさまが、ききたくて。』 栗原はるみ


そして、栗原はるみさんの『ごちそうさまが、ききたくて。』 。
これは本当にすごい本です。

料理をするごとに栗原さんの偉大さがわかるようになり、いまや、彼我の距離のあまりの遠さに目眩がするほどです。文科系とも体育会系ともつかぬ知行合一のスーパースター、そんな風に思ってます。

さて、92年に発売されたこの名著。何を作ってもおいしいんですが、私がここから学んだのは、素材や調味料の分量といったレシピではなく、切り方・冷やし方・時間の置き方といった手順の大切さです。3ミリといったら3ミリ、2リットルといったら2リットル、冷水と言われたら流水ではなく惜しみなく氷を使う。こういったプロセスの積み重ねが、味のレベルを格段にあげるんだというのがよくわかりました。



手間を惜しまない栗原さんのレシピの中でも特に驚愕なのはカボチャの千切りサラダ。あのかたいカボチャを千切りに!
しかし、正気の沙汰とは思えないその下ごしらえを、心底から喜んで行えるのが栗原さんのすごさです。料理の過程にあるありふれたプロセス、たとえばトンカツの添え物のキャベツの千切りにさえ、打ち震えるような喜びを感じながら取り組む感性が行間に満ちていて、それがなによりすごい。
時間短縮のためでもなく、ダイエットのためでもなく、休日のハレのイベントのためでもなく、もっといえば、家族のためでも自分のためでもない、料理のための料理とでもいえるような純粋な喜びさえ感じられて、料理観がかわるような刺激を受けました。名著の誉れにいまだ曇りの生じないエヴァーグリーンな一冊。

とにかくすごいレシピばっかりなんですが、日常的によく作るのは「ニンジンとツナのサラダ」(最新のレシピがウェブで見られます)。なんてことのない料理に思えるんですが、新しいスタンダードになるレシピというのは本当にすごいです。

2014-07-29-10-50-17


応用編 : ネットのレシピ


こうして一通りやったことで、ネットにあがっているはずれレシピを避け、好みのレシピを探す勘が少しだけついてきました。

下の写真は、左上から、素材を別々に炒めるラタトゥイユ、鶏のムネ肉とエリンギの柚子胡椒炒め、セロリとミョウガの和風ピクルス、そして最近で一番の大当たりだった「煮干しの出し殻オイルサーディン」。ダシをとった後の煮干がもったないなと思ってきたんですが、今後はこれ一択。むしろ最初からこれを作ってもいいくらいおいしい。

2014-07-29-10-52-09


番外編 : 料理に対する考え方


『大人気料理家50人のニッポンのおかずBest500』。いろんな料理家のレシピのいいとこどりで、見ているとインスピレーションが湧いてきて飽きません。また、それぞれのレシピに料理に対する哲学がよくあらわれているので、お気に入りの先生を探すのも楽しい。




漫画『きのう何食べた?』。献立のトータルバランスや買い物の考え方のヒントに。
ひとつひとつの料理は、イメージと違って手抜き料理が多いので、あと一品ほしい場合に特に参考になります。




佐々木俊尚氏の料理本。男の思考回路で料理に向き合うとこうなる、というような見本。
内容はレシピ本ではなく理屈満載のエッセイ。合わない人にはとことん合わない(ということがAmazonのレビューからよくわかる)けれど、自分にはおもしろかったです。




干し椎茸を戻すとき、ある本では砂糖を入れろといい、またある本では入れても入れなくてもどっちもいいという。どっちが本当なの? そういった巷間に伝わる料理のコツに科学的な根拠を付けてくれる本がこれ。どのページを開いておもしろい。目から鱗。1971年に発売されてから売れ続けているロングセラーです。



ちなみに、この本を参考にして私は、干し椎茸のうまみを外に出したくないとき(含め煮や筑前煮の場合)は砂糖を入れて1時間弱、戻し汁にうまみを出してそれをフル活用するとき(ピェンロー鍋の場合)は水だけで半日、としています。

   *

以上です。
もっと上達して気が向いたら続きを書きます。

筒井康隆の自選ホラー傑作集を読んだ

カテゴリ:
昨年末に『旅のラゴス』を読んでから筒井康隆作品を読みはじめたわけですが、今回のホラー傑作選が一番、事前のイメージと近かった。初期のブラックユーモアから後の実験的作風まで網羅されたポートフォリオみたいな作品集。



1に収録されている作品はこれら。

走る取的
乗越駅の刑罰
懲戒の部屋
熊の木本線
顔面崩壊
近づいてくる時計
蟹甲癬
かくれんぼをした夜

都市盗掘団

2に収録されているのはこれら。


冬のコント
二度死んだ少年の記録
傾斜
定年食
遍在
遠い座敷
メタモルフォセス群島
驚愕の曠野

一番好みのだったのは「乗越駅の刑罰」。無賃乗車をした客とそれを咎めた駅員の会話だけで話が進むお話で、理屈を中心に相手を追い詰めたり言い逃れたりしているはずがやがて不条理な展開になって後戻りできなくなっていくというもの。悲劇的なまでに噛み合わない会話があるあるねーよの応酬で滅法おもしろい。短い紙幅のなかで読者をあっという間に異次元に引きずり込む手腕は見事で、導入部文の雰囲気はレイモンド・カーヴァー的。この作品を翻案して、実在の人物を配した対話篇を作ったらおもしろそう。ひろゆきと梅木雄平とか、堀江貴文と大元隆志とか。

本の情報





ヨッパ谷への降下

カテゴリ:
筒井康隆の自選ファンタジー傑作選。いやー、これは素晴らしかった! 読後感はサリンジャーの『ナインストーリーズ』のよう。12個の短編がそれぞれの世界観と文体をもっていていずれも完成度が高い。短編ならではの読者の突き放し方の妙も冴えていて、それゆえどんどんのめり込んでしまう。

特に印象に残ったのは以下の九編。つまりほとんどってことだけど。

薬菜飯店
法子と雲界
エロチック街道
タマゴアゲハのいる里
九死虫
秒読み
あのふたり様子が変

ヨッパ谷への降下

自分はあまりいい漫画家読みではないけれど、いろんな作家が筒井康隆のアイデアの影響を受けているのだなとにやりとするなどした。ジョジョ第四部のイタリア料理屋は「薬菜飯店」 のなんのヒネリもない翻案なんですね。あの話を漫画化した功は認めながらも、やはり原作の下品さのほうが破壊力があっていい。

「秒読み」における大人が少年に戻る際の描写も素晴らしかった。いやー、ほんと全部おもしろかった。今まで読んだところでいえばベスト。


意識の流れによる『本の逆襲』レビュー

カテゴリ:
ああ年末だ。連休をはさんですでに休暇に入っている人も少なくない最終週だ。人はいつもより少ないのにやることは多い。おまけに今日はクリスマスイブだ。童貞や喪女ネタも聞き飽きたし、そもそもクリスマスとは……なんて話も聞き飽きてすぎて心がざわめかない。一番ざわめいたのは、どうやら家に特大のLINEキャラクター公式クッションがサプライズで送られてきていることを休暇中の同僚のTwitterで知るなどした瞬間だったかな。あれはオモコロのネタかと思うような大きさだといっていい。とか思ったり思わなかったりするうちに今日ばかりは同僚もそそくさと帰っていく。そうだ俺も花屋に寄りたいんだった。でいま渋谷駅。20時代でこんなに電車が混んでいるのは家路に急ぐ人が多いからだろうか。まあそれはいい。なにをやらねばならないって、今日も欠かさずにブログを更新しなければならないのだった。

というわけで内沼晋太郎さんの新刊『本の逆襲』である。

この本の価値を一言でいえば、本と本屋の意味を拡張しようとする試みにある。それが実現できるかどうかは、ウェブ屋の問題でもあり、いま俺がぶら下げている花束を作ってくれた花屋の問題でもある。フライドチキンだってシャンメリーだって本だし、寒空の中で交通整理をしているそこのおじさん、あなただって本屋です。え? そう、そこのあなたです。どうか驚かないでください。しかし寒いですよねえ今日はまた特別に。でもすみませんがちょっと先に帰らしてもらいますよ。家までもうすぐなんです。帰宅してもメールもLINEも通じますので何かありましたらばよろしくお願い致します。メリークリスマス!

本の情報


本の逆襲: 10 (アイデアインク)
内沼 晋太郎
朝日出版社
2013-12-12



このページのトップヘ

見出し画像
×