カテゴリ

カテゴリ:思った

韓国出張の際、CHAGE&ASKAの「On Your Mark」(2000年韓国ライブ版)で心がひとつになった話

カテゴリ:
この一週間、韓国出張に来ています。

日中は仕事に忙殺され、夜は夜で韓国のメンバーと懇親会。
そこで印象的だったのは、韓国の事業責任者と一緒にカラオケでCHAGE&ASKAの「On Your Mark」をデュエットしたこと。私のもっとも好きな曲のひとつです。

そのときは、しこたまに酔っ払なっていたので「なんでこの曲を知っているの?」だなんてことも話さずに解散してしまったんですが、後日、やっぱり気になって聞いてみました。

わたし「CHAGE&ASKAがお好きなんですか?」
――「中学生の頃からのファンです!」
わたし「じゃあもしかして、2000年の韓国ライブに行きました? あの、あの『On Your Mark』を聞いたんですか?」
――「そうです! 飛鳥さんが、泣きながら歌ったあの『On Your Mark』ですね?」
わたし「そう! それです!」
――「韓国ではそれまで、日本の音楽は公には聴いてはいけないことになっていました。だけど初めて、CHAGE&ASKAが日本語でコンサートをしたんです。そのとき、ソウルオリンピックをやった大きな会場が、ファンで埋め尽くされたんです。こんなにも、みんなが日本のアーティストを、CHAGE&ASKAを応援していたのかと知って、ものすごく感激したんです」
わたし「その場にいられたなんてうらやましいです。あのときの、飛鳥のメッセージは聞こえましたか?」
――「そのときは、遠くの席だったのでほとんど聞こえませんでした。でもあとになって、YouTubeで動画を見て、ものすごく感激しました」
わたし「素晴らしかったですね……」
――「ええ、とても素晴らしかったです……」

そして僕らは、目を潤ませながらかたい握手をしました(まじで)。
本当に本当に、心がひとつになったような感激でした。

そのときの『On Your Mark』の動画こちらです。





実はこの前日、深夜のレストランで、現地在住の韓国人に「従軍慰安婦問題」「電力問題」「ロシア国交問題」といったデリケートな議論を吹っ掛けられるという経験をしました。簡単に答えられない問題を前にして、僕らも、そして議論を吹っ掛けたほうも戸惑っていました(たぶんそうだったと思います)。
たしかに僕らは、同じ過去を見ることはできない。でも同じ未来を見ることはできる。そのことだけは何度も折に触れながら確認しあい、そして別れました(っていうか1時を過ぎてたし眠かったので「もうそろそろこの辺で勘弁して……」って感じだったけど)。

まあつまり、そういう体験を真っ先にしてきたCHAGE&ASKAの友好大使としてのメッセージや感動が、いまもこうして僕らの人間関係を温めてくれているという事実を、自分がこんな風に体験する日がくるだなんて、夢にも思ったことはありません。ふいに訪れた感激に、今日は本当にしびれるような思いをしました。

On your mark... ready go!

なんと多くの小説にふれた一年だったでしょう。

カテゴリ:
「ダイレクト文藝マガジン」「つんどく速報」「LINEノベル大賞」「ライトなラノベコンテスト」。どれも企画段階においては、「十分な作品の数が集まるのかな?」と不安になりましたが、蓋を開けてみれば大盛況。文芸の裾野の広さと可能性をあらためて感じて喜びつつ、門外漢にこれらの企画を実行する資格があるのかとおっかなびっくりしながら過ごした一年でした。


LINEノベル大賞から書籍化された作品たち。
媒体の性質上、読者の反響が伝わりづらいのですが、10代の女性たちを中心に驚くほど熱心に読まれました。賞にはもれたけどおもしろかった作品も多数。


「ブログで小説を連載する」という特殊な募集形式にも関わらず、400以上の作品が集まりいまなお増えています。作品をレビューする感想ブログ・まとめブログまで登場したのが完全に予想外でした。ぜひお気に入りの作品を探してみてください。大賞発表は来春。


KDPのセルフパブリッシング本を紹介する「つんどく」速報もスタートから1年が経ち、それを記念してデザインも刷新しました。シンプルになった分だけ、本のタイトルや表紙の個性がより際立つようになったと思います。
はじめての方には「これだけは読んどけ」のバックナンバーがおすすめです。書店ではお目に掛かれない、「これは」と思うようなユニークな本ばかりです。

来年はどうなるかなー。楽しみです。

商品のリンク









会社の忘年会で各サービスごとのケーキが出た

カテゴリ:
iPhoneで撮ったんですけど、照明のせいか、俺の腕のせいか、あるいはその両方か、いい感じの色味が出ませんでした。けど、そんなことはどうでもいい! たくさんのメンバーが、たくさんのサービスをリリースしてきた1年でした。愛情を込めたサービスが、こんなかたちでケーキになってベタにうれしい。


左上から「LINE ニュース」「NAVER まとめ」「LINE PLAY」「LINE MALL」「LINE 天気」「livedoor Blog」。


同じく左上から「LINE @」「LINE マンガ」「livedoor News」「LINE」。下段は3億ユーザー記念。


「LINE POP」「LINE Q」「LINE 占い」「LINE バブル」「ポコパン」「LINE カメラ」。


一番まずそうなのがライブドアブログ。がんばってるよ!


一番複雑なのがLINE PLAY。ちなみに、左がViViで右がToToという名前です。こっちもがんばるよ!

というわけで、2013年はお疲れ様でした! 2014年が今から楽しみです!

体験したことのない記憶がよみがえる

カテゴリ:
初めて体験することなのに、記憶がよみがえる。その記憶のもとは本。小説だったりノンフィクションだったりいろいろ。かたくなったパンを食べてキャラバンの隊員の記憶がよみがえったり、インゲンとオリーブのサラダを食べて古代オリエントの記憶がよみがえったり、すっぱい地ワインを飲んで無人島での暮らしを思い出したり。そういうのってあるんだよなあ。

画像1

『glee』シーズン3でぐっときたシーン

カテゴリ:
gleeのテーマをもっとも魅力的に表現しているキャラクターは、やはりカートだと思うのですよね。

シーズン2のプロムで、ブレインと一緒に踊った「DANCING QUEEN」は、これまでの苦しみを思って胸が詰まるような名シーンだったけど、シーズン3の「NOT THE BOY NEXT DOOR」は、これまでの重力から解放された喜びが爆発する名シーンだった。





このシーンばっかり何度も見ちゃうんだよなあ。

関連記事


海外ドラマ『glee』シーズン1を観終わって
http://sasakill.blog.jp/archives/50673676.html

このページのトップヘ

見出し画像
×