カテゴリ

カテゴリ:行った

紀伊國屋新宿本店の「ほんのまくら」フェアから、3作のネタバレと推薦文

カテゴリ:
547821_10150836337253239_1952391361_n
(クリックすると960ピクセルまで拡大するのでじっくりご覧ください)

本の闇鍋状態…!紀伊國屋の思い切ったフェアが凄い」というまとめがソーシャルメディアで話題です。現時点で30万ビューほども見られているし、Twitterは6000以上、Facebookでも3000以上のシェアがされています(このあともっともっと伸びる)。

紀伊國屋書店の新宿本店はちょうど会社の近所だし、この祭りに参加しなきゃ本好きの名が廃るぜ!

と思って駆けつけたら、現場は意外と冷静で、一畳ほどのスペースに5人くらいがいるだけ。この「ほんのまくら」フェアの場所は2階の中央と聞いてはいたんだけど、あまりにもこぢんまりとしたスペースだったので、売り場の前を何往復しても気づかないくらいだった。
意外とこんなもんなのかもね (´・ω・`)。


実際のラインナップを見てみると、夏休み課題図書みたいな説教くさい教養文学は並んでいなくて(「坊ちゃん」も「人間失格」も「雪国」もなかった)、書き出しの工夫が秀逸な、比較的最近の作家を中心にそろえられていました。このフェアが終わる頃には、きっと誰かが本の正体をリストにしてくれると思いますが、自分がわかる範囲では、そんな印象を受けました。

ということで何点かお薦め。

鉄三のことはハエの話からはじまる。

兎の眼 (角川文庫)兎の眼 (角川文庫)
著者:灰谷 健次郎
販売元:角川書店
(1998-03)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

つい最近、角川文庫から新装版が出た時に、装丁が可愛かったからという理由で手にとったんですが、書き出しを読んだ瞬間に心を持っていかれ、そのまま一気に読み終えました。まさに「ほんのまくら」フェアが目指すような体験だったですね。児童文学としてのおもしろさだけでなく、プロレタリア文学の影を感じさせるところもおもしろいです。


減るもんじゃねーだろとか言われたのでとりあえずやってみたらちゃんと減った。私の自尊心。

阿修羅ガール (新潮文庫)阿修羅ガール (新潮文庫)
著者:舞城 王太郎
販売元:新潮社
(2005-04)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

理解も共感も要らないので(というかあってもなくてもどっちでもいいので)、舞城王太郎の疾走感のある文体を徹頭徹尾たのしむための本だ、という気がします。舞城王太郎作品のなかでは、かなり好きな方でした。


腹上死であった、と記載されている。

後宮小説 (新潮文庫)後宮小説 (新潮文庫)
著者:酒見 賢一
販売元:新潮社
(1993-04-25)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

中国の架空の王朝に関する歴史小説を、司馬遼太郎っぽい文体を使って書くことで、まるで実在するかのように読者に信じこませる痛快な悲喜劇。知性でオブラートにつつまれた下ネタの数々と、そこはかとない切なさが同居する歴史的傑作を描き上げた酒見賢一という稀代の作家の、デビュー作の書き出しの第一説が、「腹上死であった、と記載されている。」という人を喰ったものだってのがいいじゃないですか。

これは個人的な感情に過ぎないかもしれないけれど、「ほんのまくら」フェアに『後宮小説』が含まれていたことで、このリストは信用できるなと思った次第です。偉そうにすみません。

というわけで、お薦めにそって未知の一冊買ってみました。

ブルース・リーが武道家として示した態度は、「武道」への批判であった。

アメリカの夜 (講談社文庫)アメリカの夜 (講談社文庫)
著者:阿部 和重
販売元:講談社
(2001-01-17)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

なにこれめっちゃおもしろそう!!!
しかしこのブックフェア、いい企画ですね。

---

後日、書き出しの秀逸さといえばこれもそうだなと思い出したので追記します。

春が二階から落ちてきた

重力ピエロ (新潮文庫)重力ピエロ (新潮文庫)
著者:伊坂 幸太郎
販売元:新潮社
(2006-06)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

気になる書き出しですよね、これ。

フジロック2012日記

カテゴリ:
2年ぶりのフジロック。
今年は土曜日だけの参加なので、フルに楽しむために前日の金曜日のキャンプサイトの前乗り。仕事終わりに上越新幹線に乗って、ついた途端にまずは乾杯。この時点でもうだいぶ楽しい。居酒屋では感じられない、夜の森の匂いに包まれて幸せ。

Evernote 20120729 15:57:06

フェスって、参加してみるとわかるけど、意外と時間を持て余したり、たまにひとりになって寂しかったりするのでケータイやスマホが大活躍するんですが、今年はLINEを使っている人をたくさん見かけた! 去年はFacebook、一昨年はTwitterだったのを考えると、移り変わり激しくて驚く。だから逆にmixiを見てみようと思って2台持ちしているガラケーのほうを見てみたら、auの電波死んでた。みんなスマホ普及が進むとこうなるか。どうやら今年はイーモバが勝ち組だったみたい。

テントを立て終えると12時。まだ眠くないので、Palace of WonderとRookie a GoGoに出かけることに。
このエリアはいつも、その日のステージを見終えたあとに疲れきった状態で素通りするので、こういうタイミングでないとくることがないんだよね。

Evernote 20120729 15:57:18

ちなみに、このエリアまではチケットがなくても来られるので、お酒を別にすれば無料。自分が新潟に住んでたら、タダでココに遊びに通っちゃうだろうなという楽しさ。

翌朝は7時半に起きて、当日のチケット交換をして、9時の開場をゲート前で待つ。ゲートが開くときには主催者からの挨拶があって、並んでいるお客さんから自然と拍手が沸き起こる。今年はとにかく天候がよく、ひさしぶりにソールドアウトが出たくらい(自分の記憶だと2002年以来)の人出だそうな。

ってことで朝も早よからオアシスの林のなかで乾杯。

Evernote 20120729 15:57:30

観たのはこんな感じ。

SPECIAL OTHERS 〜 星野源 〜 完熟トリオ 〜 アトミック・カフェ トーク(津田大介・加藤登紀子・佐藤タイジ 〜 ROVO 〜 ELVIN BISHOP 〜 サカナクション 〜 BUDDY GUY 〜 ノエル・ギャラガー 〜 OL Killer 〜 電気グルーヴ

・「氷雨月のスケッチ」「花いちもんめ」「砂の女」をライブで聴けてよかった(でもそのときトイレに並んでた)
・サカナクションのステージが本当に気合いが入っていて最高(でもそのときケータイを持たない状態でトイレに行ったせいで奥さんとはぐれた)
・ノエル・ギャラガーが「Don't Look Back in Anger」をやってた!(でもそのときもトイレに並んでた)

とまあ、微妙に不完全燃焼のところもあったけど、やっぱり最高に楽しかった! 1日だけだと、体力にも余裕があっていいですなあ。

東京のマチュピチュこと御岳山に行ってきた

カテゴリ:
日本ボロ宿紀行の「下界から隔絶した天空の宿坊を訪ねる」という記事を読んで、“東京のマチュピチュ”というキャッチフレーズに胸を打たれました。東京にそんなところがあったのかと。

というわけで、連休の混雑にへこたれそうになりながらも、行ってきました御嶽山。
詳しくはロケタッチガイドでどうぞ。



東京のマチュピチュこと御岳山ガイド / ロケタッチガイド


高尾山じゃ物足りないなーって人にはおすすめです。

ARABAKI ROCK FEST.12に行ってきた

カテゴリ:
今年になって初めて、ARABAKI ROCK FESTIVALに参加してきました。
天気にも恵まれ、青い空と冠雪の山並みと桜のコントラストが最高! あとついでに、昼と夜の寒暖のコントラストも最高! 噂には聞いていたけど、本当に凍えた。来年は夏用のシェラフじゃダメだね。

540366_10150575989543239_584743238_7977229_356834140_n


以下、今回とても印象に残ったもの。


ライブを見るのは3年ぶり3回目。今回は、小中学生のブラスバンド「ちょい渋」との共演ということで、リハーサルで「ナーダム」をほぼ丸ごと演奏していたんだけど、それを早くから集ったお客さんが大喝采で聞いているという状況がなにより楽しかった。しかも朝一。目が覚めすぎる。



最高に踊れるし、最高に笑った。まだYouTubeにはあがっていなかったけど、新曲「ホームシック」のインパクトが強すぎて、一緒に行った友達とテントに戻っても歌ってた。



存在を初めて知ったバンド。
作詞作曲ボーカルの人は2ndシングルまで残して亡くなっていまい、1stアルバムは「初恋の嵐 with friends」という制作されたとのこと。それが昨年、10年ぶりに復活し、斉藤和義や堂島孝平や曽我部恵一らのゲストボーカルを迎えてステージに立っているそうです。というのは全部後知恵で、その場では「お、なんだこのいい曲」って感じで、純粋に惹かれました。アルバム手に入れて聴こうっと。

宮古島に4泊5日滞在してひたすらビーチでゆっくりしてきた

カテゴリ:
406162384


宮古島に滞在し、ビーチに通ってゆっくりしてきました。

弁当を詰めて朝からビーチに行き、昼は宮古そばを食べ、午後はまた別のビーチに行き、夜は部屋で自炊しながら晩酌して眠る。4泊5日ひたすらそれだけを繰り返して、考え事と夢と痴呆の境界を行ったり来たりしてきました。



上の写真は、夕暮れどきの砂山ビーチ。
朝に行っても、夜に行っても素敵なところでした。





ちなみにベストビーチは、伊良部島の「渡口の浜」。珊瑚のないさらさらの砂浜が遠浅で続く、三日月型の美しいビーチです。物売りもいなくて、本当に静かで楽園のようなところでした(でもその日はカメラを忘れて一枚も写せなかった)。

---

下に紹介するのは、今回のビーチで読んだ本。
カズオ・イシグロがすごくよかったので、その他の本も続けて読んでみようと思います。


裏アジア紀行 (幻冬舎アウトロー文庫)
裏アジア紀行 (幻冬舎アウトロー文庫)
著者:クーロン黒沢
販売元:幻冬舎
(2005-12)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
私という病 (新潮文庫)
私という病 (新潮文庫)
著者:中村 うさぎ
販売元:新潮社
(2008-08-28)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

おおきなかぶ、むずかしいアボカド 村上ラヂオ2おおきなかぶ、むずかしいアボカド 村上ラヂオ2
著者:村上 春樹
販売元:マガジンハウス
(2011-07-07)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
二度はゆけぬ町の地図 (角川文庫)
二度はゆけぬ町の地図 (角川文庫)
著者:西村 賢太
販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)
(2010-10-23)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
遠い山なみの光 (ハヤカワepi文庫)
遠い山なみの光 (ハヤカワepi文庫)
著者:カズオ イシグロ
販売元:早川書房
(2001-09)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
楊令伝 4 雷霆の章 (集英社文庫)
楊令伝 4 雷霆の章 (集英社文庫)
著者:北方 謙三
販売元:集英社
(2011-09-16)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

このページのトップヘ

見出し画像
×