カテゴリ

カテゴリ:セルフパブリッシング狂時代

昭和の「円本」とKDPの「99円本」、その共通点と功罪

カテゴリ:
前の記事でお金の話をしたらいろいろ反響があったので、もうちょっと丁寧に書きます。



新刊『セルフパブリッシング狂実録』でもとりあげなかったお金の話、ビジネス面の話をなぜいまになってしだしたかというと、ありていにいえば、週末に読んだ『カネと文学 : 日本近代文学の経済史』(山本芳明)の影響です。


カネと文学: 日本近代文学の経済史 (新潮選書)カネと文学: 日本近代文学の経済史 (新潮選書) [単行本]
著者:山本 芳明
出版:新潮社
(2013-03-29)

これは、明治以降の日本の文学をテーマに、作家がいつからなぜ社会的尊敬を得られるようになったのか(逆に言えば、それまでの作家というのは尊敬の対象ではなかった。少なくとも、親が子に期待する職業ではなかった)、というのを読み解いていった本です。
その“いつ”というのは明確に大正八年と断言していて、その“なぜ”は「筆業によってちゃんと暮らしていけるようにあったから」というお金の話で説明されます。そして、「作品の質」と「ビジネス」と「社会からの尊敬」が三位一体となったことで“文学”あるいはやや嘲笑的なニュアンスを含んで“ブンガク”が発展していった歴史が検証されています。

つまり私がお金の話をしたり、お金を意識したりするのは、この三位一体を現代のネット空間にも再現できるのかどうか? という問題へのささやかな試みです。もしそれが成功するならば、あたらしい文芸が起こるかもしれない、という期待を持ちつつの。

でも一方では、この三位一体がもう再現不可能なのではないか(少なくとも、同じようなことは起こらないだろう)とも思っていて、その問題を解決する糸口にあたまをひねっているところです。

この問題を考えるのに、大正・昭和の「円本」と現代の「99円本」を重ねあわせてみました。

円本というのは、「1926年(大正15年)末から改造社が刊行を始めた『現代日本文学全集』を口火に、各出版社から続々と出版された、一冊一円の全集類の俗称、総称。庶民の読書欲にこたえ、日本の出版能力を整え、また、執筆者たちをうるおした(via Wikipedia)」とされる日本出版史上の一大ムーブメントです。

ところがこの『カネと文学 : 日本近代文学の経済史』では、「執筆者たちをうるおした」とされるこの円本ブームの、語られなかった影の部分が検証されています。
その肝心なポイントは、円本で儲かったのは、すでに名を売っていた大作家だけで、新人〜中堅の作家はむしろチャンスが奪われ、作家業で飯を食っていくことができなくなっていった、というところです。なぜそのようなことが起こったかは本を読んでいただくとして、これと似たような状況が、いわゆるKDP本をはじめとするセルフパブリッシングの無料本・99円本にも見出せるような気がするのです。

無料本や99円本は、売れても(あまり)利益になりません。作家も、それを販売する電子書籍プラットフォームにとってもです。しかしなぜそれがビジネスになっているかというと、低価格の本が電子書籍プラットフォームの入口としての役割を果たすことで、ごく少数の著名作家の高価格な本がたくさん売れるようになり、全体としては利益がでる、という構造になっているわけです。つまり、儲かるのは、著名な作家と電子書籍プラットフォームだけ。この構造が、だれでも無料で行えるセルフパブリッシングの時代と、ソーシャルメディアによって加速するセレブリティの時代とあいまって、拡大化・加速化しています。

この構造のなかでは、もしかすると、円本ブームの頃のように新人〜中堅の作家はむしろチャンスが奪われてしまうのではないだろうか、というのが私の問題意識です。だれでも無料でセルフパブリッシングできるようになったことで、作品の質とは別の外部環境的な要因によって頭ひとつ抜け出すことが困難になってしまうとしたら、それはどのように解決可能だろうかと。いまだ無名な優れた本が、本当の意味で世に出るにはどうしたらいいのかと。

そのヒントは、あらゆるところに転がっていると思うのですが、それは決め手がまだ発見されていない、ということでもあります。

こういう状況で、私・佐々木大輔としては、前の記事に書いたようにカネの話をしてみたりじたばたと試行錯誤しています。一方、筆名・代々木犬助としては、考えてもしょうがないからと余計なことをせず沈黙してただ書き続けようとだけ思っています。こういうとき、自分のなかにふたつのペルソナがあるのは、精神衛生上、便利なものですね。

補足


すごく誤解を受けそうなポイントがあるので補足します。
円本の安さと99円本の安さが共通する、という意味ではありません。
円本は、言葉の印象から誤解を受けそうですが、当時の物価で考えたときに現代の99円本ほど安価なものではありませんでした。むしろ、結構それなりの値段だったということです。
それなりの値段がする円本として刊行されるのは、自然と、人気作家の人気作が中心となります。それが流行すると、人が使えるお金は限られていますから、代わりに雑誌の部数が落ち込みます。そして、雑誌掲載の原稿料で食っていた新人〜中堅作家の収入が落ちた、という流れだそうです。このあたりの詳細は、『カネと文学』をご覧ください。
つまり、私が書いた円本と99円本の共通点というのは、「安さ」ではなく、「人気作家の人気作にだけお金の流れが集中する」ことを指しています。


もっと評価されるべきKDP本


Pの刺激 - Punk is UnknowN Kicks -Pの刺激 - Punk is UnknowN Kicks - [Kindle版]
著者:ヘリベ マルヲ
出版:人格OverDrive
(2012-10-27)

BCCKSで紙版も買えます(購入はこちら)。私は最初Kindleで、そのあと紙でも買いました。それくらい価値がある。

ゴースト≠ノイズ(リダクション) 上ゴースト≠ノイズ(リダクション) 上 [Kindle版]
著者:十市 社
出版:十市社
(2013-02-06)

マヨネーズマヨネーズ [Kindle版]
著者:オドネル・ケビン
(2013-01-22)


関連本


セルフパブリッシング狂実録 - 誰でも作家時代の作家論セルフパブリッシング狂実録 - 誰でも作家時代の作家論 [Kindle版]
著者:佐々木 大輔
出版:焚書刊行会
(2013-05-10)

KDPをはじめてAdSenseをやめた話(ブログの売上構成比の変化を公開します)

カテゴリ:
私のブログのアクセス数(月間1万〜2万PV)くらいだと、広告を掲載してもまとまった売上にはなりません。
それでも、ブログの有料プランの料金を払って、本を数冊買えるくらいの金額にはなっていたので、特に深く考えずに掲載し続けていたのですが、KDPでセルフパブリッシングをはじめてその料率が入ってくるようになってからは、Google AdSenseの掲載はやめることにしました。自分で書いた本を売る方が、同じアクセス数でも5倍〜10倍は儲かったからです

2012年5月から2013円4月までの実際のデータがこちらです。実際の売上金額を隠して、比率だけわかるようにしてあります。

cf2f685855d58e8f6ff46b0969e38264

※2012年12月から、PCサイトへのAdSenseの掲載をやめました。
※2013年1月以降に残っている「アドネットワーク」は、スマートフォンサイトに掲載しているAdSenseです。
※アフィリエイトがところどころ大きく伸びているのは、6月や12月といったボーナスの時期だからです。
※セルフパブリッシングのロイヤリティのなかには、koboやPubooも含まれています。
※また『ダイレクト文藝マガジン』の売上は含まれていません。あくまで、個人の本だけの売上です。



セルフパブリッシングのロイヤリティは、全売上の80%以上を占めるようになりました(例:2013年3月は87%でした。4月は90%を超えています)。

もちろん、ブログに掲載する広告と、電子書籍を販売して得るロイヤリティを単純に比較することはできませんので、どちらが優れているという話ではないのですが、ネットメディアに文章を書いてそれをマネタイズすることを考える場合、選択肢としてのKDPはすでにこれくらいの存在感があります

というわけでAdSenseの掲載をやめ、自作の執筆準備となる記事や、お気に入りの本の書評などが一番すっきり読めるかたちを優先し、今に至ります。自分がコントロールできるものだけを売るのって、やってみるとかなり気持ちがいいですよ。

もちろんこれは、アクセス数が少ないからこそ躊躇なくできたことなわけで、自分のブログがいまより10倍もアクセス数が多かったら、さすがにこういう選択ができなかったと思います。むしろ、広告とアフィリエイトとセルフパブリッシングのロイヤリティのバランスをうまく保っていこうとすると思います。だからこれが正解だという話ではありません。しかし、アクセス数が少ない人はこういう選択肢がとり得る、ということは言えるはずで、これはそのサンプルケースとしてご紹介したものです。

そして宣伝。
セルフパブリッシング(KDP)にチャレンジしてみようという方は、以下の2冊からどうぞ。


関連書籍


Amazon Kindleダイレクト出版 完全ガイド 無料ではじめる電子書籍セルフパブリッシングAmazon Kindleダイレクト出版 完全ガイド 無料ではじめる電子書籍セルフパブリッシング [単行本(ソフトカバー)]
著者:いしたにまさき
出版:インプレスジャパン
(2013-05-14)

セルフパブリッシング狂実録 - 誰でも作家時代の作家論セルフパブリッシング狂実録 - 誰でも作家時代の作家論 [Kindle版]
著者:佐々木 大輔
出版:焚書刊行会
(2013-05-10)


追記


反響があったので、コメントいただいたポイントについて継続して考えてみました。


売上額を公開できないのは、GoogleやAmazonの規約のためなんですが(私として別に公開したっていいと思っています)、推測できるようなヒントはあります。
AdSenseを使っている方は、「ページの RPM」という数字がわかると思います。これは1000ページあたり何円の売上があるか、という数字です。その数字と、月間1万〜2万PVという数字をあわせて考えると、上のグラフのアドネットワーク(青い部分)のおおよその金額がわかります。そこまでわかれば、その他の売上もおおよそわかると思います。感覚でいうと、小旅行の際の往復の交通費くらい、でしょうか。



邪魔だからです。より正確にいえば、たかだか1万〜2万のPVから期待できる売上額を放棄することで、ブログの見た目をシンプルにしてコンテンツ(記事と、記事で紹介している自作)だけに集中してもらいやすい状態を保つことができるなら、それはリーズナブルな取引だった、ということです。毎日、何百人という人がこのブログを訪れますが、広告を見せるためにブログを更新しているわけではないので、なくてすむならそのほうがいい、という考えです。
なお、記事中にも記載がありますが、スマートフォンのほうはまだAdSenseを掲載し続けています。こちらは、期待できる売上と見た目のバランスがまだ均衡している、と考えています。

『セルフパブリッシング狂時代』の感想をまとめました2

カテゴリ:
前回の続きです。

セルフパブリッシング狂時代 [第二版]セルフパブリッシング狂時代 [第二版] [Kindle版]
著者:佐々木 大輔
出版:焚書刊行会
(2012-11-11)

『セルフパブリッシング狂時代』という本は、これまでのやり方でいえば、ブログの記事として何回かに分けて書けばよいようなもの(内容・ボリューム)に、わざわざタイトルと書影と価格をつけてKindleストアに出したものです。そしてそれを定期的に増補していくという、電子書籍ならではの実験的な試みの結果を見ていきたいというつもりでした。
その試みがうまくいっている証拠なのか、あるいは本がもともと持っている特性なのかわかりませんが、予想を超えて息の長い企画となって今日まできています。これがブログの記事であれば、おそらくこうはならなかった。象徴的なタイトルを冠してひとつのファイルにパッケージングされた(とじられた)「本」ならではの現象だなと思って興味深く受け止めています。

というわけで、前回の続きとして感想をまとめおきます。


この本が、私のポジショントークを含んでいることは、作中にも「宣伝です」と断り書きを入れている通り、積極的に認めるところです。しかしそれを世に問うことで、そのポジションが私だけのもので終わってしまうのか、もうちょっと大きな流れになっていくのか、という趨勢の行方を楽しみに観察しているところです。先日のイベントでもそうでしたが、反応が分かれて非常に勉強になります。


サービスも、無償の助けもWebを介して得られる。ネットで得られないものがあるとすれば、それはセルフ、つまり出版者としての自我(エゴ)ということになる。他人ではない、自ら出版したいという意思があれば、何とかなる時代になった。意思とは無関係にジョブとして働いてきた人には厳しい時代となった。自主出版という訳語をつくった所以である。遠からず、この限定は外れるだろう。出版社も著者=出版者も、そして企業=出版者も同じデジタル(=Web)出版プロセスを、それぞれの方法で使っていくことになる。

「セルフパブリッシング」と出版の間

前回のまとめでは、朝日新聞社の林さんの記事(参照をもって、「これだけ読めば大丈夫」というつもりで紹介しましたが、これもまたすごい。素晴らしい記事。私の手を離れて、こんな風に解説されて本望です。自分はこんな風に書けませんので、勉強にさせていただきます。

佐々木さん。すげーわ。ホント電子出版が好きなんだ(でもちゃんとビジネスとしても考えてる)。会場の中に佐々木さんほど熱く、これから作りたい本を語れる人がどれだけいただろうか。かなわないな、と思った。「好き」の度合いで負けを認めるってみじめだ。いろんな分野でいろんな人に負けまくりの僕。いつか自分が「好き」で一番になれるものが見つかるかしら。

セルフパブリッシング狂時代と商業出版の接点

これは本の感想というより、同名タイトルのイベントの感想としていただいたものですが、話の流れ上、掲載します。

そのとき私がプレゼンテーションでねらったのは、“セルフパブリッシング狂”の実物(私のことです)を目の前で見てもらおう、ということでした。発売前の新刊(『カラー絵本・おぼうさんのチベット大旅行』といいます)の企画を公開したのは、別に宣伝の意味ではないし、出版のプロの皆さんの前で自慢できるような大した内容だとも思っていません。ただ、「ニッチなことに喜々として取り組んでいる素人がいる」という実物を見てもらいたかったからです。まさに「出版者としての自我(エゴ)」丸出しの、ただそれだけの存在。でもそういうセルフパブリッシング狂がこれから世の中にたくさん出てくる、そして出版のプロたちの望む望まざるに関わらず、そういう存在と同じ土俵に立たされる時代がきている、というわけです。

それについて思い出したことがありました。

昨年末に開催された「RePub(リパブ) Vol.1〜電子書籍元年忘年会!」で、登壇者のどなたかだったか忘れましたが、「KDPで出さないんですか?」という質問に「素人の作った本と一緒に並べられることに抵抗があって、まだやっていません」と答えていたのが非常に印象的でした。絶句……。あまりにもピントがずれている。


デジタル化で永続化されてしまうことによって、新人作家が何をつくっても既存の名作と比べられてしまって、そして名作だらけで飽和された市場にはもう新しい作品を作るモチベーションなんてなくなってしまうのではないか、という危惧

これもマジであるなと思った。いつかその時代がきそうな気がする。たしかこれを否定する主張がこのあとに記載されていたような気がするのだが、残念ながら忘れてしまった。

ただ、人々の流行語や、口語体というのはどんどん変化しているし、たった百年前でも今とはまったく違った感じの文体だし、時代にあわせて言葉が変化してしまっている以上、過去の作品は古臭くて読む気がしないのかもなと思った。あとは新しいデバイスが出現し続ける限り、それを題材にした作品が生まれる余地があるはずなので、人間たちの文化というのが変化し続ける限り大丈夫な気はする。

そういえばsasakillさんの「セルフパブリッシング狂時代」を読んだけど感想を書くのを忘れてた。

本の中では、問題提起だけに留めていた「コンテンツ」の部分に注目していただきました。現時点では、セルフパブリッシングという仕組みの話ばかりに注目が集まり、まだこの議論に参加してくれる人がいないので、うれしい感想でした。

この点については、自分のなかで予想のようなものがあって、それを実際に試しているところです。既刊『女たちの遠野物語』や、現在準備中の『カラー絵本・おぼうさんのチベット大旅行』などがそれです。この点については、後に大きく増補したいと思っています。


ダイレクト文藝マガジン Vol.011 「初登場 清田いちる / 牟礼鯨」ダイレクト文藝マガジン Vol.011 「初登場 清田いちる / 牟礼鯨」 [Kindle版]
著者:鈴木 零生
出版:焚書刊行会
(2013-04-26)

JEPAセミナー「セルフパブリッシング狂時代」のまとめと、アウェー感に関する率直な感想

カテゴリ:
日本電子出版協会(JEPA)が主催するセミナーで、「セルフパブリッシング狂時代」と題したプレゼン&パネルディスカッションをしてきました。

セルフパブリッシング狂時代 [第二版]

イベントは、私と、鈴木秀生さんと、いしたにまさきさんによる三者三様の立場から話をしたのですが、セミナーを通じて頻出したキーワードは「ブログ」でした。

そもそも「セルフパブリッシング」というのは、狭義にとらえれば、「書いて、作って、売るという3つプロセスを一人でやること」を意味します。原稿を執筆して、EPUBのファイルを制作して、本をプロモーションするという、それぞれに困難の伴う大変な作業が、実はブログを使うことによって解決する(あるいはその可能性がある)ということが、それぞれの立場から語られた会だったと言えると思います。

象徴的だったのは、以下のような言葉でしょうか。

Twitterのフォロワー数以上に、本は売れる。そのためにはブログ。自分の城を充実させることに時間を使った方がいい(鈴木秀生)
市場はちゃんと伸びつつある。だから、ちゃんとやれば売れる。売れなければ、それは自分の力不足せい。ウェブ上で、時間を味方につけるには、フローではなくストックの情報を積み上げるのが大事(いしたにまさき)

セルフパブリッシング狂時代 [第二版]』という本を最初に出したとき、「紙の代替としてではなく、ウェブの延長としての個人出版(電子書籍)」ということをわざわざ主張しなければならなかったタイミングはもう過ぎていて、執筆からプロモーションまでをウェブの延長として取り組む著者がどんどん登場してきています。勝間和代さんがやられている、ブログとメルマガとKindle本の間でコンテンツを自由に行き来させるやり方は、まさに代表的な事例だと思います。


セミナーでは、こういった“セルフパブリッシング狂”のなかでも注目の10人をリストアップしましたが、その活動がそれぞれのブログにまとめられています。「書いて、作って、売る」というセルフパブリッシングのだいご味を楽しみながら、工夫している様子がわかると思いますので、どうぞご覧ください。



さて、セミナーを通じて感じていたのは、ここしばらく感じたことのない「アウェー感」でした。

昨年末から、「ダイレクト出版オフ 2012冬」「B&B 本屋で年越し」「このダイレクト出版がすごい」といった3つのイベントで語ってきましたが、今回の場合は、参加者のほとんどが出版・印刷・編集関連だった、というのが大きな特徴です。ネット系の会社は数えるほどで、セルフパブリッシングの著者は(おそらく)いませんでしたし、もしかすると、積極的に読んでいる読者もほとんどいなかったんじゃないでしょうか。
有料イベントで200名も集まるともうちょっと熱気があるものですが、JEPA会員なら無料ということで、時間つぶしと偵察の中間のような態度で参加されているみなさまも多かったのではないかと想像します。




話す前は失礼のないようにと恐縮して、話した後は失礼がなかったかと反省しきりだったのですが、今日になって冷静になって考えてみたら、きっとそれくらいの異物感を期待されて主催者側の招待されたのだろうと思ってひらきなおることにしました。ご期待に添えたかわかりませんが、もし喜んでくれた人があれば幸いです。

今後ともよろしくお願いいたします。


関連リンク


当日の流れは、鷹野さんのレポートが詳しいので、ぜひこちらをご覧ください。

日本電子出版協会(JEPA)主催の「EPUB25 セルフパブリッシング狂時代」に行ってきた - 見て歩く者 by 鷹野凌
http://www.wildhawkfield.com/2013/04/jepaepub25-selfpublish.html

epub cafe EPUB 第25回 セルフパブリッシング狂時代(一部動画あり)
http://www.epubcafe.jp/egls/epubseminar25
JEPAセミナー「セルフパブリッシング狂時代」まとめ #jepaEPUB25
http://togetter.com/li/492665
セルフコンテンツマネジメント狂時代 - 本とeBookの公園
http://blog.livedoor.jp/hideorin/archives/27167268.html
セルフパブリッシング狂時代と商業出版の接点
http://d.hatena.ne.jp/lost_and_found/20130425/1366887463
なんでその10人なの? の答え(JEPAセミナー「セルフパブリッシング狂時代」)
http://heribe-maruo.jugem.jp/?eid=177
電子出版の表と裏の部分 (7) 勉強会「セルフパブリッシング狂時代」に参加
http://blog.goo.ne.jp/tmlarao/e/2f3131e777f953a576e49ddb062ee6e0
「セルフパブリッシング」と出版の間
http://www.ebook2forum.com/2013/04/how-different-is-self-publishing-from-normal-publishing/?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter
電子書籍道とは同人誌とみつけたり
http://blogs.itmedia.co.jp/techneco/2013/04/kdp-kindle-71f9.html
ログとコミュニティとKDP、EPUB 第25回「セルフパブリッシング狂時代」振り返り

宣伝


インプレスから、4月14日にこういう本が出るようです。
私や、藤井太洋さんもインタビューという形で参加しています。

Amazon Kindleダイレクト出版 完全ガイド 無料ではじめる電子書籍セルフパブリッシング
Amazon Kindleダイレクト出版 完全ガイド 無料ではじめる電子書籍セルフパブリッシング [単行本(ソフトカバー)]

それと最後に、電子書籍化を目指してブログやるならlivedoor Blogでどうぞ。
http://blog.livedoor.com/guide/ebook.html


おしらせ


プレゼンやパネルディスカッションの全文起こしを含む最新の論考は、以下の本に収録されています。

セルフパブリッシング狂実録 - 誰でも作家時代の作家論セルフパブリッシング狂実録 - 誰でも作家時代の作家論 [Kindle版]
著者:佐々木 大輔
出版:焚書刊行会
(2013-05-09)

イベント出演のお知らせ 『EPUB25 セルフパブリッシング狂時代』

カテゴリ:
イベント出演のお知らせです。
JEPA(日本電子出版協会)の主催で、拙書『セルフパブリッシング狂時代』と同じタイトルを冠したイベントが開催されます。内容はこんな感じ。

ウェブサービス開発、プロブロガー、取次という異なったバックボーンをもった人間が、電子書籍の個人出版にハマるのはなぜなのか? なにがそんなに魅力的なのか? それぞれの立場から、セルフパブリッシングの実体験を含む三者三様のプレゼンテーションとパネルディスカッションを行います。

EPUB25 セルフパブリッシング狂時代


登壇されるゲストは、私のほかに鈴木秀生さん、いしたにまさきさん。そして司会は高瀬拓史(ろす)さん。メールを介した打ち合わせがすでにはじまっているのですが、お互いが言いたいことのラリーがすでにコンテンツっぽくなっていてだいぶ楽しい感じ。



開催までまだ時間があるので、事前のやりとりを鼎談風にまとめてセルフパブリッシングしてもいいかなと思いはじめてもいます。

というわけでお時間ある方、お近くの方はぜひ!

EPUB25 セルフパブリッシング狂時代

このページのトップヘ

見出し画像
×