カテゴリ

カテゴリ:おしらせ

「ウェブ時代の文章読本 2013」のための前口上 〜ドレスダウンに向かう言葉と、ウェブ時代の日本語技術者〜

カテゴリ:
69aa5c2e65f4f63737fcf0df02a95d32

思い起こせば、きっかけは「ネタフル10周年記念」のパーティのときでした。ツブヤ大学の小林さんがこんな口上で私に声をかけてくださいました。

ブログ10周年。
そろそろウェブの文章について考えたい。
その特徴、その読み方、その技法とはいったいどんなものなのか、と。

ついては、ゲストにやまもといちろうさんといちるさんをお招きしてイベントを開催したい。そのモデレーターをお願いできないか、ということでした。恐れ多いのでお断りしたいと思わないこともありませんでしたが、この話を聞いたその晩にはもう「ウェブ時代の文章読本」というテーマが浮かび、僭越ながらお引き受けすることにしました。

文章読本の元祖は、谷崎潤一郎です。

文章読本 (中公文庫)
谷崎 潤一郎
中央公論社
1996-02-18


1934年に出版されたこの文章読本は、いまも書店で気軽に買い求めることができるロングセラーとなっていますが、これがのちにさまざまな議論を呼び、「文章読本」を名乗る本が数多く出版される運びとなりました。
代表的なところでいえば、三島由紀夫、丸谷才一、井上ひさし、斎藤美奈子などでしょうか。あるテーゼをめぐった応酬から、メタ的なちゃぶ台がえしまで、綿々と議論が重ねられてきました。

ちょっと乱暴に要約してみましょう。


谷崎 「文章には、実用的と芸術的の区別はない」
三島 「いや。あるだろ」
谷崎 「思ったまま書けばいいのだ」
丸谷 「それも違う。ちょっと気取って書け」
井上 「実用的文章のお手本は巷にあふれてる。芸術的文章なんて人の好みだろ。こんな文章読本なんて読むだけ無駄!」
斎藤 「なるほど。だからみんな自分の文章読本を書くんだね。ワシにも歌わせろとマイクを取り合う老人みた〜い」


特に、斎藤美奈子さんの揶揄とユーモアによる『文章読本さん江』は強烈で、これまでの文章読本の歴史をほぼ完璧に総括しきった内容といえるものでした。これ以降に出版される文章読本にほとんど意味なんかないんじゃないか、と思えるくらいの。

しかし、この『文章読本さん江』が出版されたのは2002年。
そう、ブログ登場前夜のことなんです。

もちろん、著者の斎藤さんは、何を語り損ねたかについても自覚的で、あとがきにおいてちゃんとインターネットに触れています。もし次代の文章読本が世に問われるとすれば、それはインターネット時代の文章読本、もっといえばウェブ時代の文章読本ではないかと考えるだけのヒントがそこに残されていました。意訳して自分なりに書くとこういうようなことです。


・私たちが日常的にふれる言葉は、「印刷言語」から、「コミュニケーションの言語」に変わってきている。メール、掲示板、などなどインターネットの影響。

・言葉はいつの時代も、ドレスダウンに向かう。フォーマルな服を着崩したり、労働者の服(ジーンズなど)を取り入れたりすることが、粋でオシャレで通な人であるように、みんながかっこいいとおもう名文も、大衆が使う下品な言葉を取り上げながら、常にドレスダウンに向かっている。


さて。

谷崎潤一郎ら小説家が得意としたのは、伝統的な日本語と、当時輸入されたばかりの欧文脈との折り合いをつける技術でした。彼らが率先して、あたらしい時代に即した日本語を作っていったと考えることができます。
翻って、現代は口語の範囲がウェブを代表とするさまざまなインターネットメディアによって爆発的に広がっている時代です。メール、掲示板、チャット、ブログ、ツイッター。もしかするとブロガーというのは、それらあたらしい口語と、伝統的な日本語との折り合いをつける技術に長けた、新世代の日本語技術者なのではないか? 2013年に新しい文章読本が書かれるとすれば、それは小説家によっではなく、ブロガーによってではないのか?



前口上は以上です。

イベントは今週金曜日(11月8日)。当日は、やまもといちろうさん、いちるさん、竹内靖朗さんをお迎えして、両ブログの人気記事やウェブの名文を振り返りながら、その技術論について詳しくお話をお伺いしてみたいと思います。

参加者募集中! https://www.facebook.com/events/439765829478518/

関連リンク


【告知】11月8日19時、ツブヤ大学で何か喋ります : やまもといろうBLOG
ブログ10年続けて文章力はあがったのか? : 小鳥ピヨピヨ

追記


・イベント当日の動画



Video streaming by Ustream
えいっ:ネットで良い文章を書くコツ(のひとつ)

次回予告


新装版ロードス島戦記の加筆部分とは?

ブログのURLを変えました(sasakill.blog.jp)

カテゴリ:
ブログのURLを変えました。

blog.livedoor.jp/sasakill/

sasakill.blog.jp


7年前にも一度変えていて、それが定着するまでに時間がかかったのでちょっと躊躇したのですが、7年って意外とあっという間だから、やるんだったら早いほうがよかろうということで短くてシンプルなやつに変えました。

その他にも、引っ越し機能が強化されていたり、URLを自由に変更できるようになっていたり、さまざまなアップデートがあります。たとえばこの記事では、以下のように自分で自由にページ名を付けてみました。

http://sasakill.blog.jp/blog_is_not_dead.html


ブログが日本に定着して10周。はじめるなら今からでも遅くないですよ〜!
http://blog.jp/

『総天然色・西蔵旅行記(上)』は巻末付録に『カラー絵本・おぼうさんのチベット大旅行』がついて399円

カテゴリ:
河口慧海師の冒険を気軽に楽しみたいという方には、総ルビで子供向けの文章に書き起した絵本だけのバージョンをおすすめします。299円。

カラー絵本・おぼうさんのチベット大旅行カラー絵本・おぼうさんのチベット大旅行 [Kindle版]
著者:佐々木大輔
出版:焚書刊行会
(2013-05-25)


オリジナルも読みたいという人には、河口慧海師の原文と、巻末付録に『カラー絵本・おぼうさんのチベット大旅行』がついた『総天然色・西蔵旅行記(上)』がおすすめ。こちらは399円とお得になっています。

総天然色・西蔵旅行記(上)[付録・カラー絵本]総天然色・西蔵旅行記(上)[付録・カラー絵本] [Kindle版]
著者:河口 慧海
出版:焚書刊行会
(2013-05-26)


下巻はどうした? って話になりそうですが、作るのに時間もお金もかかるので、『カラー絵本・おぼうさんのチベット大旅行』と『総天然色・西蔵旅行記(上)』がもし予算を回収できるくらい売れたら、続きに取りかかります。売れなかったら(そしてその可能性も高いのですが)、続編はしばらく先のことになると思います。

アウトドア好き、アジア旅行好き、山岳好き、仏教好き、チベット好き、絵本好きのみなさんにオススメの内容となっております。ぜひよろしくお願いします!

最新刊『セルフパブリッシング狂実録 - 誰でも作家時代の作家論』を出しました

カテゴリ:
セルフパブリッシング狂実録 - 誰でも作家時代の作家論
セルフパブリッシング狂実録 - 誰でも作家時代の作家論 [Kindle版]

この本はもともと、『セルフパブリッシング狂時代』の第三版を増補する原稿として準備を進めたものです。ところが執筆と編集を進めるうちにボリュームが増え、タイミングを逃し続けるうちに、ひとつの独立したテーマのようなものが見えてきました。

この半年で私が登壇したイベントは「ダイレクト出版オフ 2012冬」「本屋で年越し@下北沢B&B」「このダイレクト出版がすごい! Vol.1」「RePub Vol.3」「EPUB25 セルフパブリッシング狂時代」の5つ。それらをきっかけに多くの著者・編集者・パブリッシャーの方々にお会いし、2013年前半時点のセルフパプリッシングにまつわる言説を聞くうちに、誰でも作家になれる時代に作家であるというのはどういうことなのか? ということに興味をもつようになったのです。

すると問題は、この終わりのない問いを、どこで終わらせるか。ウェブと電子書籍の間で“生きている”本も、どこかの時点で一度とじなければいけません。

そのきっかけとなったのは、藤井太洋さんが早川書房から出版された『Gene Mapper - full build -』。KDPが日本で発表されてから半年、セルフパブリッシングからフルタイムの専業作家が生まれたタイミングをひとつの区切りにしようと考えました。

画像1

この本は、セルフパブリッシングに関わるさまざまな人の声を集めた実録ものです。しかしそこには、繰り返しあらわれる主旋律があり、それにいくつかの声が重なり、ハーモニーを構成していきます。別々の場所で語られた言葉が、時間を超えて織り重なっていく様は、本書の見所のひとつです

もくじはこんな感じ。

1. はじめに
2. 日本電子出版協会講演録「注目の“セルフパブリッシング狂”10人」
3. いしたにまさき+鈴木秀生 「鼎談・セルフパブリッシング狂時代」
4. 忌川タツヤ+きんどるどうでしょう 「2013年上半期の必読本」
5. 田端信太郎インタビュー 『MEDIA MAKERS』で語れなかったこと
6. 藤井太洋インタビュー 「2014年、インターネット崩壊」のアイデアの秘密
7. 佐渡島庸平トークイベント 「超一流のプロとその他のアマ」論の行方
8. 誰でも作家時代の作家論(書評『Gene Mapper - full build -』)
9. あとがき

この他、JEPAの下川さんや高瀬さんの協力、『Gene Mapper - full build -』の出版記念パーティでの仲俣暁生さんや林智彦さんの言葉、作中でご紹介した作家のなかでもヘリベマルヲさんの一連の批評は、そしてダイレクト文藝の編集・制作に関わるメンバーのコメントは、本書の大きな助けになりました。また、いつも快く表紙デザインを引き受けてくれるのは友人の菊池大志郎です。ご協力いただいたみなさまには、この場を借りてあらためてお礼申し上げます。


目指したのは、『マニフェスト 本の未来』のような、この業界を一望できる概論です。もちろんそのスコープは、2013年前半時点の、セルフパブリッシングに限った、私の観測範囲というせまいものですが、ここから発展して各論に掘り下げていくヒント集としてご活用いただければ幸いです。

セルフパブリッシング狂実録 - 誰でも作家時代の作家論セルフパブリッシング狂実録 - 誰でも作家時代の作家論 [Kindle版]
著者:佐々木 大輔
出版:焚書刊行会
(2013-05-09)


さらにおしらせ


来週5月14日に発売される『Kindleダイレクト出版 完全ガイド』には、いしたにさんの手になる「藤井太洋インタビュー」「佐々木大輔インタビュー」が掲載されています。ここまで読んで『セルフパブリッシング狂実録完全版」といえる内容になっています。ぜひ、あわせてご覧ください。

Amazon Kindleダイレクト出版 完全ガイド 無料ではじめる電子書籍セルフパブリッシングAmazon Kindleダイレクト出版 完全ガイド 無料ではじめる電子書籍セルフパブリッシング [単行本(ソフトカバー)]
著者:いしたにまさき
出版:インプレスジャパン
(2013-05-14)

このページのトップヘ

見出し画像
×