カテゴリ:
「ダイレクト文藝マガジン」「つんどく速報」「LINEノベル大賞」「ライトなラノベコンテスト」。どれも企画段階においては、「十分な作品の数が集まるのかな?」と不安になりましたが、蓋を開けてみれば大盛況。文芸の裾野の広さと可能性をあらためて感じて喜びつつ、門外漢にこれらの企画を実行する資格があるのかとおっかなびっくりしながら過ごした一年でした。


LINEノベル大賞から書籍化された作品たち。
媒体の性質上、読者の反響が伝わりづらいのですが、10代の女性たちを中心に驚くほど熱心に読まれました。賞にはもれたけどおもしろかった作品も多数。


「ブログで小説を連載する」という特殊な募集形式にも関わらず、400以上の作品が集まりいまなお増えています。作品をレビューする感想ブログ・まとめブログまで登場したのが完全に予想外でした。ぜひお気に入りの作品を探してみてください。大賞発表は来春。


KDPのセルフパブリッシング本を紹介する「つんどく」速報もスタートから1年が経ち、それを記念してデザインも刷新しました。シンプルになった分だけ、本のタイトルや表紙の個性がより際立つようになったと思います。
はじめての方には「これだけは読んどけ」のバックナンバーがおすすめです。書店ではお目に掛かれない、「これは」と思うようなユニークな本ばかりです。

来年はどうなるかなー。楽しみです。

商品のリンク