タグ

タグ:宮台真司

カテゴリ:
連休を利用して田舎でのんびりしてきました。だから、ふだん考えないようなことも考えました。これはその覚え書きです。特に偉そうな結論はないです。


うらおもて人生録 (新潮文庫)うらおもて人生録 (新潮文庫)
著者:色川 武大
販売元:新潮社
発売日:1987-11
おすすめ度:5.0
クチコミを見る


色川武大(『麻雀放浪記』の阿佐田哲也)の『うらおもて人生録』という作品に、「向上しながら滅びる――の章」というコラムが収録されています。これがかなりいいこと言っているような気がしたので、ちょっと長いけれど引用します。

たとえば、誰かが、俺たちの生活が一変するようなものすごい発明をしたとするね。あ、人類にとって大きなプラスだ、科学の勝利だ、それはそのとおりなんだけれども、この勝利によって、その分だけ確実に、終末に近づいてもいるんだ。

勝ちだろうが負けだろうが、(中略)必ずなにかをうしなう。
だからどうせなら勝たなくちゃならない、とまァ考え方の手順としてはなるんだね。(中略)
ところが人間というやつは、ここのところでよくうっかりするんだよ。なんだか、勝てばぼろもうけができたような気になる。何も失わずに、何かを得たように思う。
それは一瞬一瞬では、そういう実感があるときの方が多いよ。でも、目に見えないところで、何かを失っているんだな。またそうでなければ、勝ちが本物じゃないんだ。

もっと根本のことでいえばね、誰だって、どうしても、昨日よりはもうすこしまともな生き方をしたいと思うだろう。なるべく、自分の生きたいような生き方をしたい。もっというと、昨日の自分というのは、他人より、ということと同じだね。なんとか、他人より向上したい。
そのために努力する。研究してセオリーを作るし、辛抱したりもする。あるいはまた、たたかったり、だましあったり、協力しあったり、愛しあったり、いろいろともがきながら生きる。そのことを食いとめることはできないね。(中略)

生きれば、その先は死なんだけれども、やっぱり生きていくんだ。そうして向上しながら滅びていくわけだね。

人生は結局、プラスマイナスゼロだぞ。
何かを失わなければ、それは本物の勝ちではないぞ。
それでも向上しながら、だけども滅びていくんだぞ。

こういうことが腑に落ちているかどうかで、近頃話題になった「海外で勉強して働こう」といった類のアジテーションへの反応も変わってきますよね。自分だけが得をしようとか、他人を出し抜いてやろうというつもりでマネをすると、どこかでつまずいて立ち上がれなくなってしまう気がします。


ちなみに、モノや情報へのアクセシビリティが究極まで高まるとどうなるかということについて、社会学者の宮台真司は2007年の『アクセス M2スペシャル』でこんな風に語っています。

『アクセス M2スペシャル 宮崎哲弥+宮台真司+渡辺真理』 第4弾 の13:28あたりから

宮台「世界が本当に図書館化して誰でもアクセスできるようになるということは、歴史が終わるということだと思う。というのは、すべてが既知性のなかに入り込んでしまうということ。既知性というのは、入れ替え可能と同じことだよね。そういう意味で言えば、ITの進歩というのは、歴史の終わり、主体の終わり、表現の終わり、あるいは、古い意味でのコミュニケーションの終わりを意味している。

(その他の回のMP3 第1弾 第2弾 第3弾 第4弾 第5弾)

つまり、あらゆるモノや情報が AmazonやiTSやYouTubeやGoogle ブック検索などで簡単に手に入る状態では、一度手放したものでも容易に再入手ができるので、所有にこだわる意味がほとんどありません。
また、過去の良質なコンテンツに低コストでアクセスできる状態にあると、人は新しいものを生み出そうという意欲を失ってしまいます。

と、いうような究極の状態こそが、人類の終末だぞってことを言っています。


なんという警句!
私たち(特にIT業界で働く人たち)は、この終末に向かって日々せっせと励んでいる、というわけですね。


だから引き返そうよって話ではありません。

たとえば、紙の本の文化を愛しながらそれでも「Google ブック検索」の究極系を夢見るときに、少なくとも私は「人生は結局、プラスマイナスゼロだぞ。何かを失わなければ、それは本物の勝ちではないぞ。それでも向上しながら、だけども滅びていくんだぞ。」ということに自覚的であろうと思った、という話しです。

そしてそれは、ひとつの敬意の払い方というか、謙虚さだよなあと思いました。時計の針を進める人に求められるモラルというかなんというか。


シリコンバレーから将棋を観る -羽生善治と現代シリコンバレーから将棋を観る -羽生善治と現代
著者:梅田望夫
販売元:中央公論新社
発売日:2009-04-24
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

先手と後手でどっちが有利かというようなところまで結論がでてしまうと、その瞬間が将棋の滅びでのときであるような気がします。その意味では、プロ棋士たちも向上しながら滅びる道を進んでいるわけですね。

4月に入ってから最初の2週間、本も読めないくらい忙しかった。それは連日タクシー帰りだったからで、電車通勤がいかに読書に適しているかあらためて思い知った。

ってわけで以下は読書メモ。

日本の難点 (幻冬舎新書)日本の難点 (幻冬舎新書)
著者:宮台 真司
販売元:幻冬舎
発売日:2009-04
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

宮台版『日本の論点』、ひとり『日本の論点』というコンセプト。新書とは思えないようなハードな内容で読みこなすの骨が折れますが(というかまったく読解できている気がしませんが)、理屈を超えてガツンときた箇所があります。それは本書の結び、278ページから。

長いけど、写経のつもりで書き写します。

さて、「他律的依存」から脱して「社会の自立」に向かうもう一つの道が「合理よりも不合理」です。社会変革は必ず「割を食う人々」を生みます。一つは、社会体制の変革が必ずなんらかの「再配分」を伴うから。もう一つは、どんな変革も成功の保証はないので変革への協力が「賭け」の要素を伴うから。

従って、経済学的な意味で合理的計算を行う人であればあるほど、変革への協力はありそうもなくなります。この壁をどう乗り越えたらいいのでしょう。ヒントはチェ・ゲバラことエルネスト・ゲバラです。ゲバラは今さら言うまでもなく、フィデル・カストロと並ぶキューバ革命の最大の偶像です。

僕が中学高校紛争に出会う四年前の一九六七年に処刑されたゲバラは、僕らのヒーローでしたが、なぜアルゼンチン人なのにキューバ革命に命を賭けたか、なぜ革命成功後に要職を辞退してボリビア革命に飛び込んだか、なぜ短期間に一介の医師が司令官に昇格したか、謎の多い不思議な人です。

しかし、彼の魅力の本質は、伝記的資料や、それを再現したスティーブン・ソバーダーグ監督の二部作『チェ 28歳の革命』『チェ 39歳 別れの手紙』を見ればよく分かります。答えは、「合理性を超える力」。もっと正確に言えば、「合理的な理由で逡巡せざるを得ないという壁を、人に乗り越えさせる力」です。

先に挙げた謎の理由はよく分かりませんが、キューバ人でもないのにキューバ革命に命を懸け、ボリビア人でもないのにボリビア革命に命を懸けて処刑されるという具合に、誰よりも合理性を判断する力を持つ頭脳明晰な男が、軽々と合理性の向こう側へ跳躍する事実です。

ゲバラは、民衆や兵士の不満や逡巡の合理性を誰よりも知っています。たとえば、宿や食事を提供するゲリラ協力者は、政府に発見され次第家族もろとも見せしめに虐殺されます。民衆はそうした見せしめをたくさん目撃して知っています。不通のリーダーならば、そこで「革命の大義」を大演説するでしょう。

ゲバラは違います。革命の大義を陶酔的に語るよりも、自身があえて「不合理性への跳躍」を体現するのです。喘息持ちなのに体力の限界を超えて行軍した挙げ句、行く先々で医師として無償で民衆の病気を治します。結果、合理性とは別の何か??感染的模倣(ミメーシス)??によって周囲が包摂されるのです。

年端もいかない少年までもが「このスゴイ人についていきたい」「自分もこんなふうにスゴイ人になりたい」と感染していきます。するとゲバラは、「ちゃんと勉強して字を学べ、さもないとゲリラとして役に立たない」と思いとどまらせます。すると少年や周囲はますますゲバラに感染していくのです。

そう。本当にスゴイ奴に利己的な輩ははいない。ゲバラが二年も経ずに司令官に昇格したのも、ありそうもない利他性ゆえの感染力のなせる業でしょう。これは、僕が『14歳からの社会学』『<世界>はそもそもデタラメである』などで繰り返し述べてきた初期ギリシア的主題です。

これについても僕は楽観します。先にも一部紹介したようい、僕の知る限り、東大でも霞ヶ関でも一番優秀な連中は軒並み利他的だからです。それは「オマエの信仰に過ぎない」と言われればその通りと言う他ありません。でも幸いなことに、そうした反論によって感染を揺るがすことはできないのです。

一言でいうと、「利他性が感染力をもたらす」ってことですね。

ちなみに、宮台さんはこれを最後にしばらく長期休暇に入られるとのこと。
それにしても、ラジオでの発言も『14歳からの社会学』も『<世界>はそもそもデタラメである』も本書も、主張が一貫していてキレっキレですね。刺激的。

カテゴリ:
14歳からの社会学 ―これからの社会を生きる君に14歳からの社会学 ―これからの社会を生きる君に
著者:宮台 真司 (みやだい しんじ)
販売元:世界文化社
発売日:2008-11-11
おすすめ度:4.0
クチコミを見る


『14歳からの社会学』で宮台真司は、「SF作品は社会批評であり、社会学と相性がよい」としていくつかのSF作品を紹介しています。そこでこの記事では、あとで自分が買ったり読んだりするためのリンク集をまとめてみます。

ちなみに、数あるSFの名作のなかでなぜこれらの作品が、これらの順番で取り上げられているかについては、ぜひ本書をご覧ください。「14歳からの〜」とは言ってますが、えらくわかりやすくてオトナ向きです。


華氏451度 (ハヤカワ文庫SF)華氏451度 (ハヤカワ文庫SF)
著者:レイ ブラッドベリ
販売元:早川書房
発売日:2008-11
おすすめ度:5.0
クチコミを見る
Wikipediaで調べる


地球幼年期の終わり (創元推理文庫)地球幼年期の終わり (創元推理文庫)
著者:アーサー・C・クラーク
販売元:東京創元社
発売日:1969-04
おすすめ度:4.5
クチコミを見る
Wikipediaで調べる
感想を書いた記事



第四間氷期 (新潮文庫)第四間氷期 (新潮文庫)
著者:安部 公房
販売元:新潮社
発売日:1970-11
おすすめ度:4.5
クチコミを見る
Wikipediaで調べる


他人の顔 (新潮文庫)他人の顔 (新潮文庫)
著者:安部 公房
販売元:新潮社
発売日:1968-12
おすすめ度:4.5
クチコミを見る
Wikipediaで調べる


未来惑星ザルドス [DVD]未来惑星ザルドス [DVD]
出演:ショーン・コネリー
販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日:2008-01-18
クチコミを見る
Wikipediaで調べる


THX-1138 ディレクターズカット [DVD]THX-1138 ディレクターズカット [DVD]
出演:ロバート・デュバル
販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2007-11-02
クチコミを見る
Wikipediaで調べる

このページのトップヘ

見出し画像
×