タグ

タグ:小説

カテゴリ:
ストーリーメーカー 創作のための物語論 (アスキー新書 84) (アスキー新書)
ストーリーメーカー 創作のための物語論 (アスキー新書 84) (アスキー新書)

先月発売された大塚英志氏の『ストーリーメーカー』を読みました。

氏の発表する創作論はこれまでにも読んでいて、その意味では特別な目新しさはありませんでした。それでも私が氏の創作論を追いかけるのは、「自分も小説家になりたい」と思っているからではなく(笑)、創作という行為とネットの関係が気になるからです。
それを大塚英志氏は次のように書きます。

インターネットは「作家」の特権を支えていた「発表の機会」の寡占と「書く技術の神秘化」の二つのうち、前者を一気に解放しました。誰もが「書いたもの」を発信しうる時代になったからこそ、「書く技術」もあらゆる水準で技術として開かれていってしかるべきだ、と考えます。「物語」もまた、その点では例外ではないのです。(『ストーリーメーカー』 p15)

思えば、90年代にはまだ「将来はライター」になりたいと憧れる人がいたと思いますが、今は皆無と言っていいんじゃないでしょうか。ライターを目指す前にブロガーになっているはずです。では現在の小説家志望は? 創作の技術だけが今後も神秘化されたままであるなんてことは、たぶんないはずです。私はそのことに興味があるし、おもしろいことができるような気がしています。

冒頭に「特別な目新しさはありませんでした」と書きましたが、洗練度という意味では『ストーリーメーカー』が現時点のベストではだと思います。わかりやすく実践的で、素晴らしい内容でした。おすすめです。

以下は既刊の関連本。

キャラクターメーカー―6つの理論とワークショップで学ぶ「つくり方」 (アスキー新書) 物語の体操―みるみる小説が書ける6つのレッスン (朝日文庫) キャラクター小説の作り方 (角川文庫)
キャラクターメーカー―6つの理論とワークショップで学ぶ「つくり方」 (アスキー新書)
物語の体操―みるみる小説が書ける6つのレッスン (朝日文庫)
キャラクター小説の作り方 (角川文庫)

カテゴリ:
話題になり過ぎてAmazonから届けられるまでに時間がかかりました。
すでにして乗り遅れ感はありますが、感想を書き留めておきます。


『日本語と文学』についてなら、大野晋さんや斎藤美奈子さんの本でも同じような見識が得られるかもしれません。『英語とインターネット』についてなら、梅田望夫さんや佐々木俊尚さんの本でも同じような見識が得られるかもしれません。各個の要素に因数分解すると、実はそれほど目新しい内容には思えなかったりします。

しかし、これらが同時に語られていることに、この本の一番の価値があるように思います。そして、これらを同時に語ることができるのは、たぶん水村美苗さんだけだったろうと思います。12歳でアメリカに移住し、彼の地から日本語の文学に耽溺し、フランス語を専攻し、20年ぶりに日本に帰国して小説家になったという彼女のバックボーンがあったからこそ書けた本なんですね(たぶん)。それを読める幸せに、まずは感激してむさぼり読みました。

タイトルで誤解する人がいるかもしれませんが、著者の主張はこうです。

「中途半端な国民総バイリンガル化を求めるより、少数精鋭の二重言語者を育て、翻訳出版の伝統を維持する。作文を書かせるより、古典をたっぷり読ませる教育を積む。それが日本語の生命を保つ現実的な方策。

そしてこのように熱弁します。

日本語がかくもおもしろい言葉であること、その日本語がかくも高みに達した言葉であることを知らないからである。世界の人がそれを知ったら(中略)、この世から消えてしまうのを嘆くはずである。
人類の文化そのものが貧しくなると思うはずである。
少なくとも、日本語をよく知っている私たちは、かれらがそう思うべきだと思うべきである。

最後は主張の妥当性がどうのこうのというより、行間に満ち満ちた日本語への激しい愛情に胸を打たれ、余韻に浸ったまま一気に読み終えました。美しい文章を読む喜びを思い出したくて、稲垣足穂でも読み返したいような気分です。

「学生時代は視力を悪くするくらい文学に没頭し、フリーター時代は自宅警備員をしながらネットに書き込みをし、社会人になってからTOEICに興味を持ち出した」なんていう人には、ぜひ読んでほしいと思える本でした。おすすめです。


日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で
日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で


一千一秒物語 (新潮文庫)
一千一秒物語 (新潮文庫)

カテゴリ:
ブログネタ
オススメの本はありますか? に参加中!

水滸伝〈19〉旌旗の章

月に1冊のペースで刊行される文庫本を読み続けて1年半。全19巻をやっと読み終わりました。長かった〜。でも、苦痛だと思ったことはありません。おすすめです。

以下、ちょいとネタばれ。

カテゴリ:
文庫化された『水滸伝〈1〉曙光の章』を読んだ。まじでびびった。というか、北方謙三をなめてました。すみません。僕はこれまで「ソープへ行け」のイメージだけでとらえてました。本当にすみません北方水滸伝、まじですごい。

もし今の世の中に、テレビもまんがもゲームもインターネットもなかったら、あるいは、1960年代くらいだったら、成人男子の8割が知らず知らずのうちに読んでしまう永遠のベストセラーになったこと間違いなし。失礼な物言いだけれど、吉川英治なんて相手にならない。

それに、それこそ誰にでも薦められるのがいい。「北斗の拳」とか「グラップラー刃牙」を読める人なら、ふだん本を読まない人でもまったく問題なく読めると思う。
これはもう文句なしに大衆小説の金字塔。

うがー! 月1ペースの文庫をまたず、単行本で一気読みしたーい!

このページのトップヘ

見出し画像
×