タグ

タグ:文学

カテゴリ:
ブログネタ
人生やり直せるなら何歳に戻りたい? に参加中!
共通テーマのお題に答えてみます。


今日、5年ぶりに図書館に行って軽くショックを受けてきました。「そうだった。読まなければいけない、だけど読み逃していた本が、まだまだこれだけたくさんあったんだ」と。

書店では新刊の売れ筋がレコメンドされる。古書店では主人の趣味がレコメンドされる。Amazonでは協調フィルタリングなどのテクノロジーによってみんなの最大公約数がレコメンドされる。では、そのレコメンデーションからもれた本はどうなるんだろう? ってことを考えると、時流に取り残されたような古くさい蔵書をフラットにならべる図書館という施設はかなりエキサイティングだ。端的に言ってアツい。そう思うようになりました。なんで今まで足が遠のいていたんだろう。

その意味で、今日一番ショックを受けたのが『チボー家の人々』。すっかり忘れてた。

チボー家の人々 (1) (白水Uブックス (38))
チボー家の人々 (1) (白水Uブックス (38))

自分のなかで、読もうと思ったまま読み逃してしまった本の代表格です。全13巻という長さ的にも、青春小説という内容的にも、文章のとっつきにくさ的にも、もはや機会を逸してしまったなという感じ。
より長編でより青くさい北方水滸伝は読めても、『チボー家の人々』には取り組めそうにない。チボー家だけじゃなく、あらゆる文学もそう。時間がいくらでもあった大学生時代に戻ってやり直すくらいしか方法が思い浮かばない。

それが、『人生やり直せるなら何歳に戻りたい?』というお題への答えです。

ちなみに、「これなら私にも読めるかも」と思わせて何百万部も売れたドストエフスキーの新装版シリーズはうまいですよね。語学や容姿や学歴などのコンプレックスを刺激するビジネスに、文学コンプレックスという新ジャンルが確立されるのかも、と思いました。

罪と罰 1 (1) (光文社古典新訳文庫 Aト 1-7)
罪と罰 1 (1) (光文社古典新訳文庫 Aト 1-7)

カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)

カテゴリ:
話題になり過ぎてAmazonから届けられるまでに時間がかかりました。
すでにして乗り遅れ感はありますが、感想を書き留めておきます。


『日本語と文学』についてなら、大野晋さんや斎藤美奈子さんの本でも同じような見識が得られるかもしれません。『英語とインターネット』についてなら、梅田望夫さんや佐々木俊尚さんの本でも同じような見識が得られるかもしれません。各個の要素に因数分解すると、実はそれほど目新しい内容には思えなかったりします。

しかし、これらが同時に語られていることに、この本の一番の価値があるように思います。そして、これらを同時に語ることができるのは、たぶん水村美苗さんだけだったろうと思います。12歳でアメリカに移住し、彼の地から日本語の文学に耽溺し、フランス語を専攻し、20年ぶりに日本に帰国して小説家になったという彼女のバックボーンがあったからこそ書けた本なんですね(たぶん)。それを読める幸せに、まずは感激してむさぼり読みました。

タイトルで誤解する人がいるかもしれませんが、著者の主張はこうです。

「中途半端な国民総バイリンガル化を求めるより、少数精鋭の二重言語者を育て、翻訳出版の伝統を維持する。作文を書かせるより、古典をたっぷり読ませる教育を積む。それが日本語の生命を保つ現実的な方策。

そしてこのように熱弁します。

日本語がかくもおもしろい言葉であること、その日本語がかくも高みに達した言葉であることを知らないからである。世界の人がそれを知ったら(中略)、この世から消えてしまうのを嘆くはずである。
人類の文化そのものが貧しくなると思うはずである。
少なくとも、日本語をよく知っている私たちは、かれらがそう思うべきだと思うべきである。

最後は主張の妥当性がどうのこうのというより、行間に満ち満ちた日本語への激しい愛情に胸を打たれ、余韻に浸ったまま一気に読み終えました。美しい文章を読む喜びを思い出したくて、稲垣足穂でも読み返したいような気分です。

「学生時代は視力を悪くするくらい文学に没頭し、フリーター時代は自宅警備員をしながらネットに書き込みをし、社会人になってからTOEICに興味を持ち出した」なんていう人には、ぜひ読んでほしいと思える本でした。おすすめです。


日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で
日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で


一千一秒物語 (新潮文庫)
一千一秒物語 (新潮文庫)

カテゴリ:
舞城王太郎の『山ん中の獅見朋成雄』を読んだ。
勢いもあるし、アイデアも面白いし、パロディとしての読み方もできて複層的にも楽しめるし、文学的ねらいやメッセージもわかるんだけど、あーでもやっぱりこれは習作レベルだよ、と思う。

カテゴリ:
舞城王太郎の『九十九十九』を読んだ。

舞台は、清涼院流水のJDCシリーズのシェアードワールド。主人公の九十九十九(くつもじゅうく)は、そのJDC(日本探偵倶楽部)の探偵神(神!)かつメタ探偵(メタ!)というわけのわからない設定。

このページのトップヘ

見出し画像
×