タグ

タグ:電子書籍

昭和の「円本」とKDPの「99円本」、その共通点と功罪

カテゴリ:
前の記事でお金の話をしたらいろいろ反響があったので、もうちょっと丁寧に書きます。



新刊『セルフパブリッシング狂実録』でもとりあげなかったお金の話、ビジネス面の話をなぜいまになってしだしたかというと、ありていにいえば、週末に読んだ『カネと文学 : 日本近代文学の経済史』(山本芳明)の影響です。


カネと文学: 日本近代文学の経済史 (新潮選書)カネと文学: 日本近代文学の経済史 (新潮選書) [単行本]
著者:山本 芳明
出版:新潮社
(2013-03-29)

これは、明治以降の日本の文学をテーマに、作家がいつからなぜ社会的尊敬を得られるようになったのか(逆に言えば、それまでの作家というのは尊敬の対象ではなかった。少なくとも、親が子に期待する職業ではなかった)、というのを読み解いていった本です。
その“いつ”というのは明確に大正八年と断言していて、その“なぜ”は「筆業によってちゃんと暮らしていけるようにあったから」というお金の話で説明されます。そして、「作品の質」と「ビジネス」と「社会からの尊敬」が三位一体となったことで“文学”あるいはやや嘲笑的なニュアンスを含んで“ブンガク”が発展していった歴史が検証されています。

つまり私がお金の話をしたり、お金を意識したりするのは、この三位一体を現代のネット空間にも再現できるのかどうか? という問題へのささやかな試みです。もしそれが成功するならば、あたらしい文芸が起こるかもしれない、という期待を持ちつつの。

でも一方では、この三位一体がもう再現不可能なのではないか(少なくとも、同じようなことは起こらないだろう)とも思っていて、その問題を解決する糸口にあたまをひねっているところです。

この問題を考えるのに、大正・昭和の「円本」と現代の「99円本」を重ねあわせてみました。

円本というのは、「1926年(大正15年)末から改造社が刊行を始めた『現代日本文学全集』を口火に、各出版社から続々と出版された、一冊一円の全集類の俗称、総称。庶民の読書欲にこたえ、日本の出版能力を整え、また、執筆者たちをうるおした(via Wikipedia)」とされる日本出版史上の一大ムーブメントです。

ところがこの『カネと文学 : 日本近代文学の経済史』では、「執筆者たちをうるおした」とされるこの円本ブームの、語られなかった影の部分が検証されています。
その肝心なポイントは、円本で儲かったのは、すでに名を売っていた大作家だけで、新人〜中堅の作家はむしろチャンスが奪われ、作家業で飯を食っていくことができなくなっていった、というところです。なぜそのようなことが起こったかは本を読んでいただくとして、これと似たような状況が、いわゆるKDP本をはじめとするセルフパブリッシングの無料本・99円本にも見出せるような気がするのです。

無料本や99円本は、売れても(あまり)利益になりません。作家も、それを販売する電子書籍プラットフォームにとってもです。しかしなぜそれがビジネスになっているかというと、低価格の本が電子書籍プラットフォームの入口としての役割を果たすことで、ごく少数の著名作家の高価格な本がたくさん売れるようになり、全体としては利益がでる、という構造になっているわけです。つまり、儲かるのは、著名な作家と電子書籍プラットフォームだけ。この構造が、だれでも無料で行えるセルフパブリッシングの時代と、ソーシャルメディアによって加速するセレブリティの時代とあいまって、拡大化・加速化しています。

この構造のなかでは、もしかすると、円本ブームの頃のように新人〜中堅の作家はむしろチャンスが奪われてしまうのではないだろうか、というのが私の問題意識です。だれでも無料でセルフパブリッシングできるようになったことで、作品の質とは別の外部環境的な要因によって頭ひとつ抜け出すことが困難になってしまうとしたら、それはどのように解決可能だろうかと。いまだ無名な優れた本が、本当の意味で世に出るにはどうしたらいいのかと。

そのヒントは、あらゆるところに転がっていると思うのですが、それは決め手がまだ発見されていない、ということでもあります。

こういう状況で、私・佐々木大輔としては、前の記事に書いたようにカネの話をしてみたりじたばたと試行錯誤しています。一方、筆名・代々木犬助としては、考えてもしょうがないからと余計なことをせず沈黙してただ書き続けようとだけ思っています。こういうとき、自分のなかにふたつのペルソナがあるのは、精神衛生上、便利なものですね。

補足


すごく誤解を受けそうなポイントがあるので補足します。
円本の安さと99円本の安さが共通する、という意味ではありません。
円本は、言葉の印象から誤解を受けそうですが、当時の物価で考えたときに現代の99円本ほど安価なものではありませんでした。むしろ、結構それなりの値段だったということです。
それなりの値段がする円本として刊行されるのは、自然と、人気作家の人気作が中心となります。それが流行すると、人が使えるお金は限られていますから、代わりに雑誌の部数が落ち込みます。そして、雑誌掲載の原稿料で食っていた新人〜中堅作家の収入が落ちた、という流れだそうです。このあたりの詳細は、『カネと文学』をご覧ください。
つまり、私が書いた円本と99円本の共通点というのは、「安さ」ではなく、「人気作家の人気作にだけお金の流れが集中する」ことを指しています。


もっと評価されるべきKDP本


Pの刺激 - Punk is UnknowN Kicks -Pの刺激 - Punk is UnknowN Kicks - [Kindle版]
著者:ヘリベ マルヲ
出版:人格OverDrive
(2012-10-27)

BCCKSで紙版も買えます(購入はこちら)。私は最初Kindleで、そのあと紙でも買いました。それくらい価値がある。

ゴースト≠ノイズ(リダクション) 上ゴースト≠ノイズ(リダクション) 上 [Kindle版]
著者:十市 社
出版:十市社
(2013-02-06)

マヨネーズマヨネーズ [Kindle版]
著者:オドネル・ケビン
(2013-01-22)


関連本


セルフパブリッシング狂実録 - 誰でも作家時代の作家論セルフパブリッシング狂実録 - 誰でも作家時代の作家論 [Kindle版]
著者:佐々木 大輔
出版:焚書刊行会
(2013-05-10)

『小説 TRIPPER 2012年12月号』はちょっとした電子書籍特集

カテゴリ:
『Gene Mapper』の藤井さんの新作短編「Underground Market」を目的に購入したんですが、電子書籍の特集記事が2本あって全体的に読みごたえのある内容でした。

特に印象的だったのは、永江朗氏の「電子書籍は三日で慣れる」「電子書籍に向いているのは小説」「横書きにはもはや抵抗がない」という3点のコメント(手元に雑誌がなくて正確な引用ではないかもしれません。すみません)。
自分でもそのように思っていましたが、あれだけの本読みもそう言っていると思うと、「だよね!」と膝を打つ思いです。

そして藤井さんの「Underground Market」。おもしろかった。長さといい、内容といい、こういう短編がウェブで無料で公開されたらどういう反響があるんだろうと楽しみになるような内容でした。
ネット上では堅苦しい論説記事がたくさん読めるけれど、説得力のある世界観をもったコンパクトなフィクション(物語)が足りない。そういうテキストが増えていくといいだろうなと、心躍る想像をしながら読みました。

小説 TRIPPER (トリッパー) 2012年 12/30号 [雑誌]小説 TRIPPER (トリッパー) 2012年 12/30号 [雑誌]
販売元:朝日新聞出版
(2012-12-18)
販売元:Amazon.co.jp

Kindle発売にあわせて『セルフパブリッシング狂時代』という本を出した

カテゴリ:
Kindleが今日から発送されはじめたということで、盛り上がってますね。早速行われている開封の儀のレポートを見るとこんな感じらしいです。

Amazonの電子書籍リーダー「Kindle Paperwhite」を使ってみた

私が注文した分は自宅に届くようになっていますが、身のまわりではコンビニ受け取りにして早速会社で開封している人もいて、なかなか賑わっています。あと、本体は来年にしか届かないのに電源アダプタだけ先に届いた、なんて人もいました。ご愁傷様です。

*

ここ最近の、Kindleおよび個人出版に盛り上がっている身の回りの面々を見ると、やはりどうにも2003年のブログ元年を思いだしてしまいます。あのとき、Movable Typeによって宣言された「Personal Publishing Tool」というコンセプトにドッキーン! ときちゃった人が、今回もまたドッキーン! ときてるんだと思います。つまり電子書籍に興味があるわけじゃなくて、出版の新しい形に興味がある人たち。

今月で事業10年目を迎えるlivedoor Blogは、今年の夏あたりから、サービスロゴの横あたりに「Personal Publishing Assistant」という言葉を添えています。

af8e4dff2404be6b701df92a413f1918
(上の画像はlivedoor Blogの管理画面にログインすると見られます)

ブログというサービスが、「出版(Publishing)」という言葉の可能性を紙だけでなくウェブにまで拡げたように、今後さらに電子書籍にまで拡がっていく広義の「出版(Publishing)」をサポートしていこう、という意味を込めたものです。ということを誰も聞いてくれないので自分で言いました。

*

というわけで、Kindleの発売にあわせてちょっとしたリリースがあります。

1. ブログから簡単に電子書籍が作れるようになりました。もちろんKindle対応
http://blog.livedoor.jp/staff/archives/51786675.html
画像と縦書き対応は今後対応予定ですが、それさえ除けば、非常に簡単に電子書籍が作れます。

2. 電子書籍の個人出版を応援するレビューサイト「キンドる速報」を立ち上げました
http://blog.livedoor.jp/ebookdistribution/
iPhoneアプリにおける「AppBank」のようなサイトがないと不便だなと思って立ち上げました。

3. 『セルフパブリッシング狂時代 - 紙の代替ではなくウェブの延長としての電子書籍』という本を出しました
※注意 現在、(おそらくAmazon側の不具合により)KindleとAndroidでしか読めません。問い合わせ中ですので、iOSの方はしばしお待ちください。

セルフパブリッシング狂時代 - 紙の代替ではなくウェブの延長としての電子書籍セルフパブリッシング狂時代 - 紙の代替ではなくウェブの延長としての電子書籍
著者:佐々木 大輔
(2012-11-11)
販売元:Amazon.co.jp

著者は本書のなかで次のように予言する。

「紙とは違った、電子書籍ならでは(スマートフォンやタブレットPCならでは)の作品に対するニーズが顕在化してくる」
「そのニーズにあわせて素早く、かつ大量に作品をリリースし続ける個人出版作家が登場し、彼ら彼女らが、電子書籍の市場を大きく育てていく」

個人出版元年の2012年と、ブログ元年の2003年を比較することで見えてくる「出版(Publishing)」の未来とは?

---

もくじ

1. 歴史は繰り返す? ウェブログツールの事例から
  - 2003年のPersonal Publishing Tool
  - 素人が書いた文章を読みたいと思うのか?
2. 個人出版のベストセラーはどのように生まれる?
  - 官能小説
  - ケータイ小説
  - 漫画
  - 翻訳コンテンツ
  - もっと未知のなにか
  - その時代はいつくる?
3. 新人作家は夏目漱石と戦い、出版文化は衝突する
  - フラット化する世界での創作行為の意義とは?
  - 出版系とウェブ系と同人系が交わる汽水域
4. あとがきにかえて - 紙の代替ではなく、ウェブの延長としての個人出版

こんなことブログにでも書いておけよ、と言われるような内容かもしれませんが、1万文字以上もあると、ブログで読むにはちょっと長いような気がするんですよね(そしてもちろん、本にするには短すぎる)。なのでこれは身を張った実験と思ってご容赦ください。
ちなみに、この本自体もlivedoor BlogでEPUBで書き出しましたものです。ものすごく簡単です。

試し読みようにプレビューワーも置いてみます。



あわせて読みたい


Kindle自費出版ガイド 米アマゾンの先例から学ぶ電子書籍の作り方Kindle自費出版ガイド 米アマゾンの先例から学ぶ電子書籍の作り方
著者:雄山洋
(2012-10-26)
販売元:Amazon.co.jp

『セルフパブリッシング狂時代』は、この本の影響を受けています。
ブログより長くて、本より短い。電子書籍でさくさく買うのに最適なミニドキュメントというスタイルを提唱しています。

このページのトップヘ

見出し画像
×