タグ

タグ:KDP

『お前たちの中に鬼がいる』をめぐって

カテゴリ:
KDP発の小説として話題になった『お前たちの中に鬼がいる』が単行本化されて今日から発売。装丁と装画、どちらも素晴らしく、紙の本として満足度の高い仕上がりになってます。

画像1

拙著『セルフパブリッシング狂実録』では、『Gene Mapper - full build -』の他に2冊の小説が紙の本になる、という予言をしましたが、この本と近刊予定の『ゴースト≠ノイズ(リダクション)』をあわせたらぴったり正解ということに。

さて、この『お前たちの中に鬼がいる』をめぐって、ふたつ思うことがありました。

コストパフォーマンスで小説を読む人の顕在化


「このボリュームで99円は安い! 大満足です!」

これは牛丼やハンバーガーに対するレビューではありません。99円で販売されていた『お前たちの中に鬼がいる』の初期版に対するレビューです。

小説は牛丼なんかと違って、「値段の割にうまい(おもしろい)」というような感想はありえないと思っていましたが、さすがに99円ともなると話は変わるものですね。読者に手に取ってもらう戦略として99円という安さを選択するのはわかりますが、その価格が作品の評判にもかなり大きく影響するのだ、というのが発見でした。

多少高くてもいいから優れた文芸作品を読みたいと思っている紙の本の読者層とは異なる、安くひまつぶしをしたいという電子書籍の読者層。ひまつぶしとして比較されるのは、YouTubeの動画や無料ゲームとかでしょうか。『お前たちの中に鬼がいる』は、そういう読者層にもあたらしい文芸作品が届けられるんだという可能性を証明してみせたという意味で、エポックメイキングだったと思います。

※99円で購入できた初期版は、現在販売中止になっています。

出版社の新人賞をスキップする道


このKindle本は、1年弱で数千冊が売れました。そのあと出版社に見いだされ、今回の単行本化の運びとなったわけです。一方、出版社の新人賞を通過してもデビュー作が(実売で)数千冊も売れない、というのはありそうな話です。

どちらの方法にもメリットやデメリットがあるので必ずこうすべきだ、ってことはないと思いますが、伝統ある賞の名前に特別なこだわりがない人ならば、今後はこのふたつの方法をフラットに検討することもあるのではないかと思います。自分の力作がなにがしかの新人賞を通過するか、あるいはKDPで評判になるかは、確率的にはいい賭けになるのではないでしょうか。




お前たちの中に鬼がいる
梅原 涼
主婦の友社
2013-11-14

傑作! 山奥のマタギが都心の住宅事情を辛口レビューする奇妙な短編小説『檜原村通信』(著・松田ジャクソン)

5

カテゴリ:
檜原村通信

山奥で獣を狩る無口なマタギ。しかし彼は「都心住居掲示板」の住人であり、熱心なヲチャーでもあった――。マンションVS戸建論争、赤坂・青山・麻布への憧憬と屈折、豊洲タワマン住民同士の罵り合い。それらどうしようもないやりとりを日課のように眺める男は、実生活の無口さからは一転、都心原理主義による持論を饒舌に語りだし、板の住人を黙らせる。そして、投稿ボタンを押し終えた男は今日も独りごちる。

『力は、自信が意思を持つ。手綱を握ろうとするな。お前はお前だ』

   *

……というのが大まかな話の筋。孤独のグルメの井之頭五郎よろしく、「山の狩りでのちょっとした出来事〜掲示板のヲチ〜都心住環境に関するバトル」という一連の流れがテンプレートになった連作短編集です。それが徐々にテンプレートを逸脱して、物語上のピークに向かっていくわけですが、これが滅法おもしろい!

まずアイデアが秀逸。
それに形を与える文章力もあり、文体には独特のヴォイスがある。
さらに、力量に酔わないだけの客観性とおもてなしも備わっている。
つかみはバッチリ。短く、テンポよく、謎を残したまま最後まで一気に読ませて、話の畳み方も鮮やか。
東京の住宅事情に興味がある人には目盛りふたつ分くらい余計におもしろい。

この人は一体何者なんだろう?
いまイチオシのKindleオリジナル小説です。

檜原村通信
松田ジャクソン
エム・パブリッシング
2013-08-05

昭和の「円本」とKDPの「99円本」、その共通点と功罪

カテゴリ:
前の記事でお金の話をしたらいろいろ反響があったので、もうちょっと丁寧に書きます。



新刊『セルフパブリッシング狂実録』でもとりあげなかったお金の話、ビジネス面の話をなぜいまになってしだしたかというと、ありていにいえば、週末に読んだ『カネと文学 : 日本近代文学の経済史』(山本芳明)の影響です。


カネと文学: 日本近代文学の経済史 (新潮選書)カネと文学: 日本近代文学の経済史 (新潮選書) [単行本]
著者:山本 芳明
出版:新潮社
(2013-03-29)

これは、明治以降の日本の文学をテーマに、作家がいつからなぜ社会的尊敬を得られるようになったのか(逆に言えば、それまでの作家というのは尊敬の対象ではなかった。少なくとも、親が子に期待する職業ではなかった)、というのを読み解いていった本です。
その“いつ”というのは明確に大正八年と断言していて、その“なぜ”は「筆業によってちゃんと暮らしていけるようにあったから」というお金の話で説明されます。そして、「作品の質」と「ビジネス」と「社会からの尊敬」が三位一体となったことで“文学”あるいはやや嘲笑的なニュアンスを含んで“ブンガク”が発展していった歴史が検証されています。

つまり私がお金の話をしたり、お金を意識したりするのは、この三位一体を現代のネット空間にも再現できるのかどうか? という問題へのささやかな試みです。もしそれが成功するならば、あたらしい文芸が起こるかもしれない、という期待を持ちつつの。

でも一方では、この三位一体がもう再現不可能なのではないか(少なくとも、同じようなことは起こらないだろう)とも思っていて、その問題を解決する糸口にあたまをひねっているところです。

この問題を考えるのに、大正・昭和の「円本」と現代の「99円本」を重ねあわせてみました。

円本というのは、「1926年(大正15年)末から改造社が刊行を始めた『現代日本文学全集』を口火に、各出版社から続々と出版された、一冊一円の全集類の俗称、総称。庶民の読書欲にこたえ、日本の出版能力を整え、また、執筆者たちをうるおした(via Wikipedia)」とされる日本出版史上の一大ムーブメントです。

ところがこの『カネと文学 : 日本近代文学の経済史』では、「執筆者たちをうるおした」とされるこの円本ブームの、語られなかった影の部分が検証されています。
その肝心なポイントは、円本で儲かったのは、すでに名を売っていた大作家だけで、新人〜中堅の作家はむしろチャンスが奪われ、作家業で飯を食っていくことができなくなっていった、というところです。なぜそのようなことが起こったかは本を読んでいただくとして、これと似たような状況が、いわゆるKDP本をはじめとするセルフパブリッシングの無料本・99円本にも見出せるような気がするのです。

無料本や99円本は、売れても(あまり)利益になりません。作家も、それを販売する電子書籍プラットフォームにとってもです。しかしなぜそれがビジネスになっているかというと、低価格の本が電子書籍プラットフォームの入口としての役割を果たすことで、ごく少数の著名作家の高価格な本がたくさん売れるようになり、全体としては利益がでる、という構造になっているわけです。つまり、儲かるのは、著名な作家と電子書籍プラットフォームだけ。この構造が、だれでも無料で行えるセルフパブリッシングの時代と、ソーシャルメディアによって加速するセレブリティの時代とあいまって、拡大化・加速化しています。

この構造のなかでは、もしかすると、円本ブームの頃のように新人〜中堅の作家はむしろチャンスが奪われてしまうのではないだろうか、というのが私の問題意識です。だれでも無料でセルフパブリッシングできるようになったことで、作品の質とは別の外部環境的な要因によって頭ひとつ抜け出すことが困難になってしまうとしたら、それはどのように解決可能だろうかと。いまだ無名な優れた本が、本当の意味で世に出るにはどうしたらいいのかと。

そのヒントは、あらゆるところに転がっていると思うのですが、それは決め手がまだ発見されていない、ということでもあります。

こういう状況で、私・佐々木大輔としては、前の記事に書いたようにカネの話をしてみたりじたばたと試行錯誤しています。一方、筆名・代々木犬助としては、考えてもしょうがないからと余計なことをせず沈黙してただ書き続けようとだけ思っています。こういうとき、自分のなかにふたつのペルソナがあるのは、精神衛生上、便利なものですね。

補足


すごく誤解を受けそうなポイントがあるので補足します。
円本の安さと99円本の安さが共通する、という意味ではありません。
円本は、言葉の印象から誤解を受けそうですが、当時の物価で考えたときに現代の99円本ほど安価なものではありませんでした。むしろ、結構それなりの値段だったということです。
それなりの値段がする円本として刊行されるのは、自然と、人気作家の人気作が中心となります。それが流行すると、人が使えるお金は限られていますから、代わりに雑誌の部数が落ち込みます。そして、雑誌掲載の原稿料で食っていた新人〜中堅作家の収入が落ちた、という流れだそうです。このあたりの詳細は、『カネと文学』をご覧ください。
つまり、私が書いた円本と99円本の共通点というのは、「安さ」ではなく、「人気作家の人気作にだけお金の流れが集中する」ことを指しています。


もっと評価されるべきKDP本


Pの刺激 - Punk is UnknowN Kicks -Pの刺激 - Punk is UnknowN Kicks - [Kindle版]
著者:ヘリベ マルヲ
出版:人格OverDrive
(2012-10-27)

BCCKSで紙版も買えます(購入はこちら)。私は最初Kindleで、そのあと紙でも買いました。それくらい価値がある。

ゴースト≠ノイズ(リダクション) 上ゴースト≠ノイズ(リダクション) 上 [Kindle版]
著者:十市 社
出版:十市社
(2013-02-06)

マヨネーズマヨネーズ [Kindle版]
著者:オドネル・ケビン
(2013-01-22)


関連本


セルフパブリッシング狂実録 - 誰でも作家時代の作家論セルフパブリッシング狂実録 - 誰でも作家時代の作家論 [Kindle版]
著者:佐々木 大輔
出版:焚書刊行会
(2013-05-10)

KDPをはじめてAdSenseをやめた話(ブログの売上構成比の変化を公開します)

カテゴリ:
私のブログのアクセス数(月間1万〜2万PV)くらいだと、広告を掲載してもまとまった売上にはなりません。
それでも、ブログの有料プランの料金を払って、本を数冊買えるくらいの金額にはなっていたので、特に深く考えずに掲載し続けていたのですが、KDPでセルフパブリッシングをはじめてその料率が入ってくるようになってからは、Google AdSenseの掲載はやめることにしました。自分で書いた本を売る方が、同じアクセス数でも5倍〜10倍は儲かったからです

2012年5月から2013円4月までの実際のデータがこちらです。実際の売上金額を隠して、比率だけわかるようにしてあります。

cf2f685855d58e8f6ff46b0969e38264

※2012年12月から、PCサイトへのAdSenseの掲載をやめました。
※2013年1月以降に残っている「アドネットワーク」は、スマートフォンサイトに掲載しているAdSenseです。
※アフィリエイトがところどころ大きく伸びているのは、6月や12月といったボーナスの時期だからです。
※セルフパブリッシングのロイヤリティのなかには、koboやPubooも含まれています。
※また『ダイレクト文藝マガジン』の売上は含まれていません。あくまで、個人の本だけの売上です。



セルフパブリッシングのロイヤリティは、全売上の80%以上を占めるようになりました(例:2013年3月は87%でした。4月は90%を超えています)。

もちろん、ブログに掲載する広告と、電子書籍を販売して得るロイヤリティを単純に比較することはできませんので、どちらが優れているという話ではないのですが、ネットメディアに文章を書いてそれをマネタイズすることを考える場合、選択肢としてのKDPはすでにこれくらいの存在感があります

というわけでAdSenseの掲載をやめ、自作の執筆準備となる記事や、お気に入りの本の書評などが一番すっきり読めるかたちを優先し、今に至ります。自分がコントロールできるものだけを売るのって、やってみるとかなり気持ちがいいですよ。

もちろんこれは、アクセス数が少ないからこそ躊躇なくできたことなわけで、自分のブログがいまより10倍もアクセス数が多かったら、さすがにこういう選択ができなかったと思います。むしろ、広告とアフィリエイトとセルフパブリッシングのロイヤリティのバランスをうまく保っていこうとすると思います。だからこれが正解だという話ではありません。しかし、アクセス数が少ない人はこういう選択肢がとり得る、ということは言えるはずで、これはそのサンプルケースとしてご紹介したものです。

そして宣伝。
セルフパブリッシング(KDP)にチャレンジしてみようという方は、以下の2冊からどうぞ。


関連書籍


Amazon Kindleダイレクト出版 完全ガイド 無料ではじめる電子書籍セルフパブリッシングAmazon Kindleダイレクト出版 完全ガイド 無料ではじめる電子書籍セルフパブリッシング [単行本(ソフトカバー)]
著者:いしたにまさき
出版:インプレスジャパン
(2013-05-14)

セルフパブリッシング狂実録 - 誰でも作家時代の作家論セルフパブリッシング狂実録 - 誰でも作家時代の作家論 [Kindle版]
著者:佐々木 大輔
出版:焚書刊行会
(2013-05-10)


追記


反響があったので、コメントいただいたポイントについて継続して考えてみました。


売上額を公開できないのは、GoogleやAmazonの規約のためなんですが(私として別に公開したっていいと思っています)、推測できるようなヒントはあります。
AdSenseを使っている方は、「ページの RPM」という数字がわかると思います。これは1000ページあたり何円の売上があるか、という数字です。その数字と、月間1万〜2万PVという数字をあわせて考えると、上のグラフのアドネットワーク(青い部分)のおおよその金額がわかります。そこまでわかれば、その他の売上もおおよそわかると思います。感覚でいうと、小旅行の際の往復の交通費くらい、でしょうか。



邪魔だからです。より正確にいえば、たかだか1万〜2万のPVから期待できる売上額を放棄することで、ブログの見た目をシンプルにしてコンテンツ(記事と、記事で紹介している自作)だけに集中してもらいやすい状態を保つことができるなら、それはリーズナブルな取引だった、ということです。毎日、何百人という人がこのブログを訪れますが、広告を見せるためにブログを更新しているわけではないので、なくてすむならそのほうがいい、という考えです。
なお、記事中にも記載がありますが、スマートフォンのほうはまだAdSenseを掲載し続けています。こちらは、期待できる売上と見た目のバランスがまだ均衡している、と考えています。

最新刊『セルフパブリッシング狂実録 - 誰でも作家時代の作家論』を出しました

カテゴリ:
セルフパブリッシング狂実録 - 誰でも作家時代の作家論
セルフパブリッシング狂実録 - 誰でも作家時代の作家論 [Kindle版]

この本はもともと、『セルフパブリッシング狂時代』の第三版を増補する原稿として準備を進めたものです。ところが執筆と編集を進めるうちにボリュームが増え、タイミングを逃し続けるうちに、ひとつの独立したテーマのようなものが見えてきました。

この半年で私が登壇したイベントは「ダイレクト出版オフ 2012冬」「本屋で年越し@下北沢B&B」「このダイレクト出版がすごい! Vol.1」「RePub Vol.3」「EPUB25 セルフパブリッシング狂時代」の5つ。それらをきっかけに多くの著者・編集者・パブリッシャーの方々にお会いし、2013年前半時点のセルフパプリッシングにまつわる言説を聞くうちに、誰でも作家になれる時代に作家であるというのはどういうことなのか? ということに興味をもつようになったのです。

すると問題は、この終わりのない問いを、どこで終わらせるか。ウェブと電子書籍の間で“生きている”本も、どこかの時点で一度とじなければいけません。

そのきっかけとなったのは、藤井太洋さんが早川書房から出版された『Gene Mapper - full build -』。KDPが日本で発表されてから半年、セルフパブリッシングからフルタイムの専業作家が生まれたタイミングをひとつの区切りにしようと考えました。

画像1

この本は、セルフパブリッシングに関わるさまざまな人の声を集めた実録ものです。しかしそこには、繰り返しあらわれる主旋律があり、それにいくつかの声が重なり、ハーモニーを構成していきます。別々の場所で語られた言葉が、時間を超えて織り重なっていく様は、本書の見所のひとつです

もくじはこんな感じ。

1. はじめに
2. 日本電子出版協会講演録「注目の“セルフパブリッシング狂”10人」
3. いしたにまさき+鈴木秀生 「鼎談・セルフパブリッシング狂時代」
4. 忌川タツヤ+きんどるどうでしょう 「2013年上半期の必読本」
5. 田端信太郎インタビュー 『MEDIA MAKERS』で語れなかったこと
6. 藤井太洋インタビュー 「2014年、インターネット崩壊」のアイデアの秘密
7. 佐渡島庸平トークイベント 「超一流のプロとその他のアマ」論の行方
8. 誰でも作家時代の作家論(書評『Gene Mapper - full build -』)
9. あとがき

この他、JEPAの下川さんや高瀬さんの協力、『Gene Mapper - full build -』の出版記念パーティでの仲俣暁生さんや林智彦さんの言葉、作中でご紹介した作家のなかでもヘリベマルヲさんの一連の批評は、そしてダイレクト文藝の編集・制作に関わるメンバーのコメントは、本書の大きな助けになりました。また、いつも快く表紙デザインを引き受けてくれるのは友人の菊池大志郎です。ご協力いただいたみなさまには、この場を借りてあらためてお礼申し上げます。


目指したのは、『マニフェスト 本の未来』のような、この業界を一望できる概論です。もちろんそのスコープは、2013年前半時点の、セルフパブリッシングに限った、私の観測範囲というせまいものですが、ここから発展して各論に掘り下げていくヒント集としてご活用いただければ幸いです。

セルフパブリッシング狂実録 - 誰でも作家時代の作家論セルフパブリッシング狂実録 - 誰でも作家時代の作家論 [Kindle版]
著者:佐々木 大輔
出版:焚書刊行会
(2013-05-09)


さらにおしらせ


来週5月14日に発売される『Kindleダイレクト出版 完全ガイド』には、いしたにさんの手になる「藤井太洋インタビュー」「佐々木大輔インタビュー」が掲載されています。ここまで読んで『セルフパブリッシング狂実録完全版」といえる内容になっています。ぜひ、あわせてご覧ください。

Amazon Kindleダイレクト出版 完全ガイド 無料ではじめる電子書籍セルフパブリッシングAmazon Kindleダイレクト出版 完全ガイド 無料ではじめる電子書籍セルフパブリッシング [単行本(ソフトカバー)]
著者:いしたにまさき
出版:インプレスジャパン
(2013-05-14)

このページのトップヘ

見出し画像
×