タグ

タグ:google

カテゴリ:
あまりにもニッチな例え話だったので今まで誰にも話したことがなかったのですが、1時間ジョギングしてビール2本空けて長風呂して今とても気持ちがいいので、気負わず適当に書いてみます。

個人的に(コンシューマとして)、法人的に(ビジネスとして)、さまざまなインターネットのサービスを利用していて、哲学と呼んでもいいほどの厳格なポリシーを感じるのは、Googleだけです。それは、「このゲームのルールは定義するのは我々だ」という声が聞こえてきそうなほどに明確なメッセージです。

それに対して、人によっては拒否のポーズをとるのかもしれませんが、私はそれを大歓迎しています。「それ」というのは、個別のポリシーやルールではなく、明確なメッセージを愚直にサービスに織り込むことに対してです。

以下、上記の説明するニッチな例です。

Magic The Gatheringというトレーディングカードゲームがあります(遊戯王とかポケモンをご存知の方はそれを思い浮かべてください)。これには、大きく分けてふたつの遊び方があります。好きなカードを買い集めてデッキを作って戦う「構築線」と、カードがランダムに入ったパックをその場で開封して戦う「限定戦」のふたつです。

この「限定戦」のなかにはさらに、4人〜8人で遊ぶ「ドラフト」と呼ばれる遊び方あります。カードがランダムに入ったパックを開封し、好きなカードを1枚ずつピックアップし、残ったカードをとなりの人に渡し、まるで野球のドラフト会議のように即興的にデッキを作って戦うゲームです。

このゲームには、「隣人と協調すべし」という不文律のポリシーがあります。

どういうことか。
強いデッキを作ってゲームに勝つには、「どういう戦略でデッキを作っているか」を周囲の人間に明確に伝えたほうが有利です。そして同時に、周囲の人がどういう戦略を立てているか、正確に読み取ると、その有利がさらに確固たるものになります。
なぜなら、自分ひとりが孤立して作るデッキよりも、周囲と協調して作るデッキのほうが、強いデッキができやすいからです。互いの強みを殺し合うより、活かし合うほうが勝率があがるといのがおもしろいところで、それがこのゲームの隠れたルールとなっているわけです。

話を元に戻します。

Googleが明確なメッセージを発しているからこそ、そしてそれを正確に読み取ればこそ、周囲はさらに強くなることができるのではないかと思うわけです。また、Magic The Gatheringの例で言えば、自分たちの戦略を明確に周囲に伝えることができれば、さらに強くなることができるわけです。だから大歓迎だし、Googleなんか怖くない、とも思うわけです。

ちなみに、現在のAmebaのタレント戦略とか、かつてのlivedoorの時価総額世界一宣言とか、明確すぎるくらい明確でそこがすごいのだなと、この文脈からもあらためて思います。
というわけで私はいま、それに近いようなことに関して重点的にコミットして働いておるところです。

あー、Magic The Gatheringに強くなりたいなあ。ってそんな話じゃなかったんですが、誤摩化しつつ終わります。酔っぱらいました。

Gmailって絵文字対応してるんだ

カテゴリ:
Gmailって絵文字対応してるんだ、と驚いたので衝動で投稿。

絵文字

調べてみたら、つい先月のアップデートの影響らしい。
すごいな、Gmailってば最強すぎる。

Google Japan Blog: Gmail の携帯絵文字対応が強化されました
au の携帯メール ( @ezweb.ne.jp ) から Gmail に絵文字が送れるようになりました

カテゴリ:
メモです。

Google - Wikipedia

Googleの本社社屋は "Googleplex" の愛称で親しまれている。この言葉は、googolplex(グーゴルプレックス)の言葉遊びであり、Googleとcomplexとのかばん語でもある。


グーゴルプレックス - Wikipedia

グーゴルプレックス (googolplex) は10のグーゴル乗、つまり、10googol のことを指す。


かばん語 - Wikipedia

かばん語(portmanteau)とは、2語以上の単語の音と意味を組み合わせて作られた語である。ただし単にくっつけた合成語ではなく、完全に1つの単語のような形となったものを指す。


ジャバウォックの詩 - Wikipedia

『ジャバウォックの詩』は、英語で書かれた最も秀逸なナンセンス詩であると考えられている。(中略)
文中に出てくる単語の多くは、キャロルによって創作されたかばん語である。


引用ばっかりですみません。
しかし、ジャバウォックの詩を訳した人はすごい。

「livedoor」の表記を「Livedoor」と間違わないための方法

カテゴリ:
「livedoor」の表記を、「Livedoor」と間違って書く人がたくさんいます。Web系のメディアの記者さんでさえしょっちゅう書き間違えるくらいなので、巷には「LiveDoor」とか「LIVEDOOR」といった表記があふれています。ひどいのになるのと「live doorブログ」なんてのもあって、本当に「livedoor Blog」のことを指しているのかどうか不安になったりします。

「livedoor」はすべて小文字で表記します。

このことを広めるのによい方法はないものかと思っていたら、ちょうどこんな発言を目にしました。

Xeroxのロゴは今年からWeb時代に合わせて小文字アルファベットになったはずだが、日本の富士ゼロックスは今までのままなんだな。
Twitter / kazzen

そうなのかー! と思って調べてみたら、本当に小文字になってました。
だけど富士ゼロックスのほうは大文字のまま。

xerox XEROX

これが「Web時代に合わせて〜」という理由なのかどうかまでは調べられなかったけど、URLを目にする機会は多いから、そっちのほうが自然な気がする。

というわけで、「Yahoo!」も「Google」も先頭は大文字だけど、「livedoor」はURLバーに表示されたまんまの状態ですべて小文字表記です。Web時代に合わせて(笑)。

livedoor

ここまで読めば次からは間違えずに表記してもらえるんじゃないかな、と、期待。

カテゴリ:


ランチの後にぶらっと入った本屋で見かけて、ファーストフード店でお茶を飲みながらさっと読み終えてきた。

この『iPhone 衝撃のビジネスモデル』という本は、それくらい気軽に、乱暴に流し読みするくらいでちょうどいいんじゃないかな。Web業界の外の人を置き去りにした内容なだけに、Web業界の中の人にとっては超高速で読み終えられるはず。

本の内容は、iPhoneの発表を受けて爆発した著者の想像・予測・妄想を、ブログを更新するような勢いで書き下ろした、といった感じ。
その意味で、どれくらい信頼してよいかという点については疑問が残るところだけど、心に留まった内容もちゃんとあったので、ここでメモっておきます。


Microsoft → Yahoo! → Google → Apple(iPhone)


これは、インターネットにアクセスするための入口(ポータル)の覇者の変遷を端的にまとめたものです。もちろん、iPhoneの部分は予測なわけですが。

MicrosoftとYahoo!とGoogleが、いかにインターネットへの入口の役割を果たしてきたかについては、特に説明が不要だと思いますが、Appleの「iPhone」に関してはなんで? という感じがするはず。「電話もできるiPod」と「OSXのモバイル端末」っていうだけでMicrosoftやGoogleをひっくり返せるはずじゃないじゃん、と。

でもこの本には、そういうことが起こりうる可能性があれこれと書かれている。

自分が考える範囲で簡単にまとめると、「半形骸化している“ユビキタス”という理想が、iPhoneによって本当に実現できるかもしれない。もし実現できたとしたら、Appleは次代の覇者になるだろう」ということ。詳しくは本を読んでみてください。

そんなことを考えたこともなかった自分としてはとても参考になった。


最近、Wiiのインターネットチャンネルや、ケータイでモバゲーをよくやるようになったんですが、「PCのブラウザから見えるWebサイトだけをやっていればいい時代は遠からず終わるなあ」と、よく思います。なんだか、Webディレクターという職業に不安を感じたりして(笑。

あと、iGoogleやWindows LiveやMy YahooやnetvibesやPageflakesといったマイポータル系のサービスを使っていて感じるイマイチ感は、「次の入口(ポータル)はもっと別のところから別のかたちで生まれるはず」というのをなんとなく感じてるからなのかなあ、と思ったりもしました。

関連リンク : 書評 - iPhone 衝撃のビジネスモデル - 404 Blog Not Found

このページのトップヘ

見出し画像
×